« ATV | トップページ | バーバリズム:野蛮の世紀 »

2006年7月14日 (金)

イランの対外認識に関する参考事例to

イランの大量破壊兵器開発に関しては、以下の事実を掌握する必要があろう。

以前述べたサウジーパキスタンの核関連協力協定()に関しても同様。ここら辺↓にあるが。

http://seipankoji.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/post_ffe8.html

http://seipankoji.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/post_5841.html

http://seipankoji.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/post_f32c.html

以下、フォーリン・アフェアーズ最新号(お題はThe Rise of Indiaだ。)より引用。

JUST FIVE Years ago, Iran was still surrouded by a wall of hostile Sunni regimes:Iraq and Saudi Arabia to the west, Pakistan and Taliban-ruled Afganistan to the east.

Vail Nasr, "When the Shiites Rise," Foreign Affairs, Jul/Aug 2006, p.66

So far, Teheran has avoided sectarian posturing and further antagonizing Sunnis; instead, it has tried to generate support in the region by escalating tentions with the United States and Israel.

Ibid., p.68. (太字は筆者による)

なまら面白いべ。

|

« ATV | トップページ | バーバリズム:野蛮の世紀 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イランの対外認識に関する参考事例to:

« ATV | トップページ | バーバリズム:野蛮の世紀 »