« インド出身アルカイダ | トップページ | 中国の新型戦闘機「J-10」、パキスタン向け名称は「FC-20」 »

2006年10月21日 (土)

スリランカのハンバントタ(HAMBANTOTA)港建設への中国の関与と、スリランカ海軍と米海軍共同訓練について

スリランカ南部のハンバントタ(HAMBANTOTA)港建設に、中国政府が関与している。この計画の資金拠出に関して、スリランカは中国政府と交渉中であったが[1]、このほど調印に至った(The deal was  signed and sealed recently.)と報道された[2]

一方、スリランカ軍が米軍と共同訓練を実施する計画であると報道されていた[3]。本演習は中止されることが決定されたが[4]、この演習はHAMBANTOTA近傍で実施される予定であり、同港建設に関与している中国への意思表示でもある。Stratforは、” The United States and India will not tolerate Chinese expansion, especially into the Indian Ocean.”と結んでいる[5]


[1]” The Main components are two nos. of berth with 500m length, and the Breakwater of about 1.8 km and the proposed port will have depth of 15m. presently negotiations are being held with Government of China for funding arrangements.”とある。“DEVELOPMENT OF PORT IN HAMBANTOTA,<http://www.slpa.lk/Proj.htm> (21 Oct 2006)

[2] PK Balachandran,” US-Lanka to hold joint naval exercise,” Hindustan Times, Oct 19 2006 <http://www.hindustantimes.com/news/7598_1824587,000500020002.htm> (21 Oct 2006)

[3] Ibid.

[4] “US postpones military exercises with

Sri Lanka

amid violence,” AFP, 20 Oct 2006, <http://news.yahoo.com/s/afp/20061020/pl_afp/srilankausunrest_061020163818> (21 Oct 2006)

[5]

Sri Lanka

: Exercises with

U.S.

Send a Message to

China

,” Stratfor, 19 Oct 2006,

<https://www.stratfor.com/products/premium/read_article.php?id=278539&selected=Analyses> (21 Oct 2006) 

|

« インド出身アルカイダ | トップページ | 中国の新型戦闘機「J-10」、パキスタン向け名称は「FC-20」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スリランカのハンバントタ(HAMBANTOTA)港建設への中国の関与と、スリランカ海軍と米海軍共同訓練について:

« インド出身アルカイダ | トップページ | 中国の新型戦闘機「J-10」、パキスタン向け名称は「FC-20」 »