« ロシア軍T-90MBTの溶接砲塔型に関して  | トップページ | ロシア、中国へJF-17戦闘機用エンジン供給へ? »

2006年11月 9日 (木)

対インドFDIと安全保障への懸念

中国企業による対印投資への懸念を表明する記事。安全保障上の理由により、一部の中国企業が排除されている模様。表面上は対中関係は最良と表明されている一方、公式には対中関係に安全保障上の懸念を表明している点で参考になる。

"a new foreign direct investment (FDI) policy that will, for the first time, include China on a list of countries not limited to Pakistan and Bangladesh that are considered a sensitive for India's national security." 

"According to sources, both companies were eliminated on security grounds. ZTE is a Chinese company; Motorola declared in its tender offer earlier that it was sourcing a significant part of its equipment from Huawei, another Chinese vendor. According to India's intelligence agencies, like the Research and Analysis Wing (RAW) and the Intelligence Bureau, Huawei has been "responsible for sweeping operations in the country"."

Indrajit Basu.." It's official: China is India's security threat," Asia Times, 18 Oct 2006, <http://www.atimes.com/atimes/South_Asia/HJ18Df01.html>  (5 Nov 2006)

同様の懸念は他にも、Pradeep Thakur, "Chinese projects in airports under scanner," The Times of India, 8 Nov 2006, <http://timesofindia.indiatimes.com/articleshow/361116.cms > (8 Nov 2006) にある。

こんな事例→もあるから当然だべ。“China cracks secret MEA communications,” Newsinsight.net, 5 Sep 2005,  <http://www.newsinsight.net/nati2.asp?recno=3456> (6 Sep 2005).

|

« ロシア軍T-90MBTの溶接砲塔型に関して  | トップページ | ロシア、中国へJF-17戦闘機用エンジン供給へ? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 対インドFDIと安全保障への懸念:

« ロシア軍T-90MBTの溶接砲塔型に関して  | トップページ | ロシア、中国へJF-17戦闘機用エンジン供給へ? »