« 対インドFDIと安全保障への懸念 | トップページ | インド、07年にSLCM発射実験実施へ »

2006年11月11日 (土)

ロシア、中国へJF-17戦闘機用エンジン供給へ?

報道によると、ロシアは中国とパキスタンが共同開発した戦闘機、梟龍/超7/FC-1/Xiaolong/JF-17/用のエンジンKlimov RD-93を輸出する可能性が大。Mure Dickie, Farhan Bokhari, Arkady Ostrovsky, "China confident Russia will allow jet sale,"financialtimes.com , 9 Nov 2006, <http://www.ft.com/cms/s/9ee65006-6f82-11db-ab7b-0000779e2340.html> (11 Nov 2006)
事実関係は↑の通りであるが、ロシアがこのエンジンを供給する背景には、中国の艦上戦闘機購入交渉が背景にある模様。(同一資料より→)"Approval of the re-export of the engines would be likely to upset India, a big buyer of Russian arms. However, Moscow may judge it more important to please China which is reportedly in the process of negotiating the purchase of up to 50 Sukhoi Su-33 advanced fighters in a deal that could be worth $2.5bn."

とのこと。

|

« 対インドFDIと安全保障への懸念 | トップページ | インド、07年にSLCM発射実験実施へ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロシア、中国へJF-17戦闘機用エンジン供給へ?:

« 対インドFDIと安全保障への懸念 | トップページ | インド、07年にSLCM発射実験実施へ »