« インド、静止軌道打上ロケットの部品回収に成功 | トップページ | インド、2020年に有人月探査計画 »

2006年11月 5日 (日)

北朝鮮のミゼット潜水艦関連

北朝鮮は、ユーゴ(Yugo)級SSmの他にもミゼット潜水艦を保有している。朝鮮労働作戦部は民生用ミゼット潜水艦を第3国経由で取得していた。

Jane’s Defence Weekly誌が2000年、中古の民生用潜水艦の売却広告を掲載した。本広告には以下の如くある。
"FOR SALE:SUBMRINES-NEW / UNUSED!!! Fully autonomous !
SeaHorse II B/KD L.O.A. 14,5m Weight 4.5 T Range +400 NM"
"1,300,000-1,800,000$(Newbuilding cost:6,5000,000)"
"INIMEX-Belgium, http://www.uunet.be/inimex"

本広告に掲載された写真↓(ただし掲載された画像を若干修正している。画面上部右の価格掲載部分と、同時に掲載されていた上部左の"MERMAID IV(Used) 225,000 US $"を消去。) Seahose__1

Jane’s Defence Weekly, 7 Jun 2000, p.15.

この潜水艦に関しては、 安明進によると、この潜水艦とまったく同じタイプのものがいくつか作られ、対南スパイ活動に利用されて多くの成果を上げていた。とのこと。安明進著、金燦原著『北朝鮮 拉致工作員』(東京:徳間書店、1998年)、228頁。より引用。

Sea Horse II/Type 100はJoseph S. Bermudez Jr氏によると、"During the early 1980s the DPRK acquired at least one example of a west German civilian research submarine known as the Sea Horse II (sometimes referred as the Type 100) . This submarine was covertly acquired through one of the DPRK's trading companies which maintained an office in West Germany. In December 1983, the submarine was shipped to Singapore using false end-user documentation. Here, in January 1984, it was reloaded onto a DPRK flagged cargo ship for the final leg of the voyage to the DPRK. Design features of this vessel were apparently incorporated into the indigenous SSm programs." Joseph S. Bermudez Jr, The Armed Forces of North Korea (London: I.B.Tauris, 2001),
p.186.より引用。

|

« インド、静止軌道打上ロケットの部品回収に成功 | トップページ | インド、2020年に有人月探査計画 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮のミゼット潜水艦関連:

« インド、静止軌道打上ロケットの部品回収に成功 | トップページ | インド、2020年に有人月探査計画 »