« インド陸軍、実は国産主力戦闘戦車「アルジュン」を評価? | トップページ | パキスタン陸軍特殊任務部隊(Special Service Group:SSG)の肝力訓練の一例 »

2007年5月 5日 (土)

インドの無人潜水艇・自律型無人潜水機(unmanned underwater vehicle:UUV/autonomous underwater vehicle:AUV)研究の関連報道

今から1年程前の2006年5月31日、VISAKHAPATNAMに所在する、Naval Scientific Technological Laboratory (NSTL) 内に、自律型無人潜水機(autonomous underwater vehicle:AUV)センターの礎石が設置された。
"AUV centre to come up at naval lab," The Hindu, <http://www.hindu.com/2006/06/01/stories/2006060118430300.htm> (9 May 2007)を要約。AUVの技術実証艇プロジェクトのコストはRs.35 crores. AUVは母船から発進、収容される。AUVの構想実証艇(AUV Concept Vehicle)は既に開発されており、 Nagarjunasagar Lake Test facilityにおいて流体力学的コントロール、推進、機動性などが実験されている。これらの実験に基づいて NSTL はAUVを製作し、各種実験を行う。
(上記部分は、5月14日追加した。)

Harichandan A. A., "Unmanned defence systems come of age," The Hindu, 13 Jun 2004,  <http://www.hindu.com/2004/06/14/stories/2004061413401200.htm >(7 Aug2 2005)より要約、引用。2003年、国防省科学顧問であったVasudev K. Aatreは、Ocean, Marine Acoustics and Underwater Technologies,との講演で海中観測について言及していた。同人は、「ヒラメ(flatfish)型UUV開発に3年を要すると発言。用法としては、"On surfacing, it would be capable of sending signals to satellites and earth and ship-based control stations. These UUVs would be part of a whole range of networked technologies deployed to protect our littoral domain. These include sensors on buoys, floats that could dive to depths cyclically, and computers capable of high-throughput screening to collect and process data from this network of sensors, and "some kind of GPS system" as well." と発言。

"Indian tests UUV, the Navy's UAVs", The Hindu, 29 Feb 2004, <http://www.hindu.com/2004/02/29/stories/2004022909860300.htm> (5 May 2007)より要約、引用。
インドのS. Mohapatra少将によると、DRDODefence Research and Development Organisation (DRDO)傘下のNaval Science and Technology Laboratory (NSTL)は、重量400kg、水深3-4メートルで、GPSにより誘導されるUUVを開発した。また、同人によると、NSTLは魚雷発射可能なホバークラフトを開発しており、今後2-3か月に海軍に納入される。

"India building unmanned underwater vehicle: Aatre," PTI, 21 Aug 2003, <http://www.outlookindia.com/pti_news.asp?id=161904 .(24 Mar 2004)より要約。DRDO所長兼インド国防相科学顧問アートレ博士は、同国が無人水中ビークル(UUV)の「構想実証機(concept demonstrator)」を30か月後に製作する計画と発言。また、将来における海中監視(underwater survelliance)は浅海域でなされるとし、「ASWは(領土に近い)沿岸域で行われ、恐らく、外洋で対決するようなことはないであろう」と発言。

|

« インド陸軍、実は国産主力戦闘戦車「アルジュン」を評価? | トップページ | パキスタン陸軍特殊任務部隊(Special Service Group:SSG)の肝力訓練の一例 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インドの無人潜水艇・自律型無人潜水機(unmanned underwater vehicle:UUV/autonomous underwater vehicle:AUV)研究の関連報道:

« インド陸軍、実は国産主力戦闘戦車「アルジュン」を評価? | トップページ | パキスタン陸軍特殊任務部隊(Special Service Group:SSG)の肝力訓練の一例 »