« イランの潜水艦建造関連報道 | トップページ | ブラジルの原子力潜水艦開発関連 »

2007年12月 1日 (土)

日本船を護るパキスタン海軍特殊部隊SSG(N)の活動事例

2007年10月末、日本船籍のケミカルタンカー「ゴールデン・ノリ」がソマリア沖で海賊に襲撃された。(ただし、ソコトラ島沖約8海里のところで襲われた。(以下報道より引用。)ので、UNCLOSでは「海賊」ではない。IMBでは「海賊」となる。) 「日本のタンカー、ソマリア沖で海賊に襲われる=邦人は乗り組まず」『時事通信社』、2007年10月30日 <http://www.jiji.com/jc/a?g=afp_int&k=20071030014943a&rel=y> (2007年12月1日)

このような不法行為対処等対処するため、多国籍海軍部隊がインド洋で活動しているが、そこにはパキスタン海軍も参加している。VBSS(Visit Board Search and Seizure)に任ずるパキスタン海軍特殊部隊(SSGN)も含まれる。

下記の報道ではパキスタン海軍特殊部隊に言及し、"Aboard the Pakistani Navy ship Babur, Pakistani special forces load their rifles and meticulously go through their drills, readying themselves to board suspicious vessels and search for weapons. American Navy officers aboard swapped theories with their Pakistani counterparts about where the mother ships could be."とある。(強調筆者)Katharine Houreld, "Searching for pirates' mother ship," IOL, 29 Nov 2007, <http://www.iol.co.za/index.php?from=rss_Africa&set_id=1&click_id=68&art_id=nw20071129122351915C760494> (1 Dec 2007) より引用。

パキスタン海軍HPの特殊部隊SSG(N)、海兵隊の訓練に関する記述。
Pakistan Navy, <http://www.paknavy.gov.pk/training/Officers%20Training/Officers_Special.htm> (29 Apr 2003)
SPECIAL SERVICES TRAININGの基本課程が18週、ミゼット潜水艦過程が4週。MARINESの基本課程が12週。

イクバル海軍基地(PNS Iqubal)の説明<http://www.paknavy.gov.pk/iqbal.htm> (1 Dec 2007)では、以下の記述がある。
"SSG(N) comprises of three sub commands.

CO PNS IQBAL
CO SEAL
CO VBSS "(強調筆者)

|

« イランの潜水艦建造関連報道 | トップページ | ブラジルの原子力潜水艦開発関連 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本船を護るパキスタン海軍特殊部隊SSG(N)の活動事例:

« イランの潜水艦建造関連報道 | トップページ | ブラジルの原子力潜水艦開発関連 »