« LTTEが使用した潜水器材について(通知) | トップページ | バングラデシュ陸軍主力戦車(MBT)、人民解放軍主力戦車(ZTZ98/99)関連 »

2009年2月24日 (火)

輜重科諸元参考資料について(通知)

表記について、以下のとおり通知する。業務の参考にされたい。

駱駝を使用した場合の輸送力算定資料

1 フタコブラクダは、200キロ以上の荷物を積んで40キロの道のりを一気に行進できることが可能。歩く速度が遅いために、激しい戦闘活動に使われることはめったにない。主として輸送用。

2 ヒトコブラクダは歩く速度が速いために、戦闘の中で普通は活動的で直接的な役割を担う 。
マルタン・モスティエ著、訳者 あ。書き忘れ『動物兵士全書』(東京:原書房、1998年)、 277頁より引用。

3 成長したラクダは一挙に一三○リットルあまりの水を飲みほすが、その後は、一滴の水も補給することなく、夏は五日間、冬は二○日間の行軍に耐える。山羊や羊には飲ませられない塩分の多い水や、苦い水、泥水さえも平気である。普通の荷運びラクダは二七○キログラム程度の荷を負い、毎時五・五キロメートルの速度で、毎日六時間ずつ旅を続けることができるが、とくによく訓練されたラクダの場合には、二四時間連続で一気に一三○キロメートルを旅することができ、四五○キログラムの荷に耐えられるものもある。シリア砂漠やヌフード砂漠を横断できるものは、このような遊牧民だけである。
島田襄平 『マホメット-イスラムの原点をさぐる』(東京:清水書院、1984年)、37~38頁より引用。

なお3項については種別は示されていないが、筆者の言及している地域を考慮すると、ヒトコブラクダの能力と思われる。

|

« LTTEが使用した潜水器材について(通知) | トップページ | バングラデシュ陸軍主力戦車(MBT)、人民解放軍主力戦車(ZTZ98/99)関連 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 輜重科諸元参考資料について(通知):

« LTTEが使用した潜水器材について(通知) | トップページ | バングラデシュ陸軍主力戦車(MBT)、人民解放軍主力戦車(ZTZ98/99)関連 »