« 高卒公務員でも理解できる米外交の基本方針 | トップページ | 尖閣諸島に関する驚愕の記述。ANNUAL REPORT TO CONGRESS Military and Security Developments Involving the People’s Republic of China 2010 で思い出した。Peter Howarth氏の出鱈目 »

2010年8月18日 (水)

人民解放軍の対艦弾道弾関連 ANNUAL REPORT TO CONGRESS: Military and Security Developments Involving the People’s Republic of China 2010より

まず、前掲書p.3.の
"China is further expanding its current force of nuclear-powered attack submarines and may add up to five advanced Type 095 SSNs to the inventory in the coming years."
は興味深い。

表記関連
Heppesurube_4


図のソースは以下の如くある。

ANNUAL REPORT TO CONGRESS: Military and Security Developments Involving the People’s Republic of China 2010,Office of the Secretary of Defense, Aug 2010, p.30.より引用。

これ↑今夜のおかずにする。
が、職場で某大学校出身「エリート」幹部に話しても会話が成立しないのよ。でっけー「わらじ」つけてるのに「第2砲兵ってなによ?」とか「UNCLOSって何?」なんて高卒に聞くな罵患侮ども。

あ、p.32にはこんな素敵な図も。特段目新しくはない内容だけど、パワポで「さも知っているように」使えそうです。
関連してIN関連で、東チモール独立経緯と、オンバイ、ウェタル海峡の価値について触れれば、知識あるように「見えます」(これ大事)。
Uteyakoraseyasinaheiwo
これには以下の説明
"Conventional Anti-Access Capabilities. The PLA’s conventional forces are currently capable of striking targets well beyond China’s immediate periphery. Not included are ranges for naval surface- and sub-surface-based weapons, whose employment at distances from China would be determined by doctrine and the scenario in which they are employed."

|

« 高卒公務員でも理解できる米外交の基本方針 | トップページ | 尖閣諸島に関する驚愕の記述。ANNUAL REPORT TO CONGRESS Military and Security Developments Involving the People’s Republic of China 2010 で思い出した。Peter Howarth氏の出鱈目 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人民解放軍の対艦弾道弾関連 ANNUAL REPORT TO CONGRESS: Military and Security Developments Involving the People’s Republic of China 2010より:

« 高卒公務員でも理解できる米外交の基本方針 | トップページ | 尖閣諸島に関する驚愕の記述。ANNUAL REPORT TO CONGRESS Military and Security Developments Involving the People’s Republic of China 2010 で思い出した。Peter Howarth氏の出鱈目 »