« 製パン車 | トップページ | 中国政府が「日本には琉球群島の主権はない」と主張する可能性について »

2011年2月26日 (土)

極東ロシア軍関連 ミストラル級、T-80MBT

第18砲兵機関銃師団は、既にT-80主力戦車を保有。下記資料による。

Pavel Felgenhauer, "Russian Military Build-up in the Pacific May Not be Aimed at Japan," Eurasia Daily Monitor Volume: 8 Issue: 34February 17, 2011

上記資料中のT-80MBTに関する記述部分。
"According to Army-General (retired) Yuri Yakubov, the former commander of the Far East Military District, the garrison of the South Kurile Islands already has relatively modern T-80 tanks, but it needs new light armored vehicles and additional helicopters (Interfax, February 15).

同資料中のミストラル級取得に関連。
"It seems the deployment of the Mistrals in the Pacific Fleet is not against Japan, but that the US in preparation for conflict could “leap-frog” the fortified South Kuriles into the undefended and uninhabited central Kuriles to invade the Sea of Okhotsk. To defend the Sea of Okhotsk as a safe haven for nuclear strategic submarines, the Russian military is deploying capabilities to reinforce the entire island chain."

なお、公刊資料によると、T-90が最初に部隊装備されたのは極東軍管区の部隊。村の古老は、JDW誌で読んだと主張してる。

|

« 製パン車 | トップページ | 中国政府が「日本には琉球群島の主権はない」と主張する可能性について »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 極東ロシア軍関連 ミストラル級、T-80MBT:

« 製パン車 | トップページ | 中国政府が「日本には琉球群島の主権はない」と主張する可能性について »