« 朝鮮人民軍海軍新型潜水艦(K-300/サンオ改)関連 | トップページ | 鉄人第1号! 帝国陸軍兵器関連 »

2011年4月20日 (水)

AIP(大気非依存型推進)区画について。「尺度」関連

AIP装備の潜水艦は、9m程度船体が延長されるの?潜水艦関係者については常識だろうが、先日初めて知ったこと。人民解放軍の元級潜水艦の事例関連記事。

ただし、外見ではAIP装備の有無は不明とのこと。
"[O]ne conclude that AIP submarines tend to be much longer-by about nine meters-than those without AIP, but such is not really the.case. The examples of above involved modifying existing vessels to serve as test beds or "after-market" conversions. As Table 1 Indicates, submarines' physical dimensions don tot reveal whether on not they posses AIP. "
↓から引用。

William S. Murray, " An Overview of the PLAN Submarine Force," Andrew S. Erickson, Lye J. Goldstein,k William S. Murray, Andrew R. Wilson, ed, China's Future Nuclear Submarine Force (Annapolis: Maryland, Naval Institute Press, 2007), p.62.

|

« 朝鮮人民軍海軍新型潜水艦(K-300/サンオ改)関連 | トップページ | 鉄人第1号! 帝国陸軍兵器関連 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AIP(大気非依存型推進)区画について。「尺度」関連:

« 朝鮮人民軍海軍新型潜水艦(K-300/サンオ改)関連 | トップページ | 鉄人第1号! 帝国陸軍兵器関連 »