« 連邦憲法擁護庁no | トップページ | 海洋掘削リグ関連 »

2012年7月21日 (土)

「独在住の中国人はみな潜在的スパイ」との報道関連 Annual Report on the Protection of the Constitution 2011

独情報機関「独在住の中国人はみな潜在的スパイ」=中国報道 searchina, 20 Jul 2012
上記報道より引用

中国新聞社は20日、ドイツの情報機関、連邦憲法擁護庁が18日発表した国家安全リポートの中で「中国の多くの諜報機関がドイツ国内で暗躍している」と中国人スパイに対する警戒を呼び掛けたことを報じた。

引用終わり。


英語版 sina, 19 Jul 2012はここら辺り。


憲法擁護庁のサイトでは、ここら辺にあります。(ただし英語版は要約のみか)


要約版たるAnnual Report on the Protection of the Constitution 2011 (Summary)では、標記に関しての記述は(以下引用部分)のみ。

6. Espionage and other intelligence activities
Due to its geopolitical situation and its role in the European Union (EU) and NATO, and because it is home to numerous high-tech companies, the Federal Republic of Germany is very attractive to foreign intelligence services. Germany’s open and pluralistic society makes it easier for foreign intelligence agencies to gather information. Most foreign intelligence activity continues to be carried out by the services of the Russian Federation and the People’s Republic of China. The countries of the Middle East, Asia and North Africa are
also active.

引用終わり。

|

« 連邦憲法擁護庁no | トップページ | 海洋掘削リグ関連 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「独在住の中国人はみな潜在的スパイ」との報道関連 Annual Report on the Protection of the Constitution 2011:

« 連邦憲法擁護庁no | トップページ | 海洋掘削リグ関連 »