« 朝鮮人民軍核兵器関連 | トップページ | 保全事案参考事象 »

2013年6月15日 (土)

「尺度」関連

謝金関連
マイケル・バー=ゾウハー& ニシム・ミシャル、上野元美訳『モサド・ファイル イスラエル最強スパイ列伝』(早川書房:2013)、384頁より引用。
"ムグニエが死んでから半年後の二〇〇八年一一月、レバノン当局が、モサドのスパイ網を摘発したと発表した。逮捕したうちの一人、ベカー高原で五○歳のアリ・ジャラーは、この二○年にわたって、月七○○○ドルの給料でモサドのために働いてきた。"

以上引用終わり。強調筆者。

|

« 朝鮮人民軍核兵器関連 | トップページ | 保全事案参考事象 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「尺度」関連:

« 朝鮮人民軍核兵器関連 | トップページ | 保全事案参考事象 »