« 2016年9月 | トップページ | 2017年6月 »

2016年11月30日 (水)

信じられないが、本当か? SIG SAUER P220

米陸軍特殊部隊の退役曹長Kyle E. Lamb氏は、9ミリの弾丸を発射する拳銃「P220」に関して以下の言及をしている。

SGM (Ret) Kyle E. Lamb, Stay in the Fight!! Warriors Guide to the Combat Pistol (出版地は米国のどっか:Trample and Hurdle, 2011), p.169.より引用。
"The SIG P220 has a reputation for breaking the take down lever, which is surprising to the shoooter when their slide flies forward or the firing line. Of course if the slide isn't on the weapon, your shoooting is over."
引用終わり。
これは初めて聞いた。信じられないが、本当か????
松本零士氏の漫画ではないが、「おれには、これしかないんだ! だから、これがいちばんいいんだ!!」
いい銃だと思う。本当はP226の方が好き。
ただし、どっちも握把でけぇんだよ。
俺の手は、紅葉の葉っぱみたいに小さいから、正しい握りが困難。
往時を知る村の古老から聞いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月29日 (火)

日本経済新聞社と旧ソ連航空機「An-2 Colt」様

小生が徘徊している場所の地域版だが、先日(28年11月28日付)『日本経済新聞』の第7面広告欄に、あの伝説的な名機であるAn-2 Colt様がお出ましになっています。

スポンサーは忘れた。
貧乏で馬鹿だから新聞は立ち読みしただけ。
新聞とってないし、記憶力ないんだよ。
JDWに、Sea Horse広告が掲載されてるのを見たのに準ずる高揚感。
An-2マンセー
これの水上機版を20フィート型コンテナに収納して、以下自粛。
スポンサーさん(忘れた)には悪意ないよ。興味が募るのみ。
あ、アントノフと言うらしい。この部分は2159に追加した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月18日 (金)

The Quranic Concept of War の著者、S.K.Malik准将関連

S.K.Malik准将は↓の資料によると、後に陸軍少将に昇任。

以下、上記記事より引用。太字は著者による。
It was General Zia who ushered in a new era of Islamisation, bigotry and blasphemy laws targeting minorities, and nurtured radical, armed Islamic groups bent on waging jihad across the world. Officers recruited in his era are three-star Generals today, and the army is largely motivated by the ideology of the “Quranic Concept of War” articulated by his protégé Brigadier (later Major General) S.K. Malik.

Describing anyone who stands in the way of jihad as an “aggressor”, Malik held that “the aggressor is always met and destroyed in his own country”. Malik also had a unique view of the concept of “terror”.

He averred: “Terror struck into the heart of the enemy is not only a means. It is an end in itself. Once a condition of terror into the opponent's heart is obtained, hardly anything is left to be achieved. Terror is not a means of imposing a decision upon the enemy, it is the decision we wish to impose on him. It is a point where the means and end merge.”

This is precisely what was sought to be “imposed” on the ill-fated people killed in the Victoria Terminus in Mumbai on 26/11.

引用終わり。
ISI関係者なのかどうか気になるが、俺の能力では調べられない。公知の事実として、どこかの資料に掲載されているかもしれないが。
知らないのは俺だけかもしれない。
この商売の怖いところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月17日 (木)

ソマリアのクラン関連 The Total Somali Clan Genealogy (second edition)

標記について、神資料があったのだな。ある偉い人が依拠した資料を今さら確認。

俺としたことが見落としていた。というか今頃調べてるのが本当に恥ずかしいよ。
「おい、ソマリアのクランってどうなってんだよ」と上司に言われそうな人には、強く推奨。
まぁ、読めば読むほど謎も深まるが。
Jan Abbink, The Total Somali Clan Genealogy, 2nd ed, African Studies Centre, 84 / 2009.
 
ここら辺から読めます。
高卒で就職した俺では理解困難なのだけど、一応あげとく。
ソマリアでの慣習・規範と、それが適応されるクランとの関係を理解できる資料が欲しいのだが、そんなもん、お前が勉強しろ馬鹿、ということなのな。
クラン系図を包括的に記述した資料では、現在は唯一無二ではないのかな。
まず、レモン画翠あたりでA2の紙に切り張りしてみる。それからパワポの資料作るか。
作り終わったころにはお爺ちゃんだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月14日 (月)

「アラビア半島のアルカイダ(AQAP:Al-Qaida in the Arabian Peninsula)」のInsipire 最新号発刊

アラビア半島のアルカイダ(AQAP:Al-Qaida in the Arabian Peninsula)機関紙であるInspire誌の最新号たる第16号がこのほど発刊された。

残念ながら、日本に関する言及なし。
「THE SUCCESSFUL PRESSURE COOKER BOMB」などもあります。
ここら辺で読めます。外国では読まないようにしましょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2017年6月 »