2011年8月10日 (水)

クリントン訪印とインド、太平洋関連

クリントン国務長官が7月に訪印した件の関連記事。
注目点は、太平洋に関しても言及しているところ。インドの規定する「繁栄の弧」(2004年10月のビエンチャンサミットでシン首相が言及)は太平洋に及び、当該地域への関与も謳っているが、パートナーシップの主体たる米国もそれを認めたということか。

SANDEEP DIKSHIT, "Hillary's leadership call to India not aimed at Pakistan," The Hindu, 9 Aug 2011.

上記の中で、太平洋に言及した箇所は以下のとおり。上より引用。

1 "The United States Secretary of State, Hillary Clinton's, call during her July visit for India to take up the leadership role in the Asia Pacific region set off a furore in Pakistan. But government sources here say Ms. Clinton's discussions here had nothing to do with Pakistan."

2 ""In the long term, Washington is aspiring for a closer maritime partnership with the Indian Navy in the South China Sea, the Straits of Malacca and finally the Pacific Ocean.""

3 "“There is no better place to discuss India's leadership in the region to its east than here in Chennai....India straddling the waters from the Indian to the Pacific Ocean is, with us, a steward of these waterways."

4 "In all of these areas, India's leadership will help to shape positively the future of the Asia Pacific,” she had observed."

Prakash Nandaによると、インドにとってのアジア・太平洋地域は、インドからオーストラリア・ニュージーランド、日本・中国にいたる地域。まぁ当然ですな。
Prakash Nanda, REDISCOVERING ASIA : Evolution of India's Look East Policy, Lancer , 2003, p.13

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月31日 (日)

PLAN set to operate in Indian Ocean ?

インド誌サイトより。
Amitav Ranjan, "China set to mine central Indian Ocean, Delhi worried," India Express, 31 Jul 2011.

彼らの慣用手法として、「海洋権益」保護のために人民解放軍海軍(PLAN)の行動が伴うことは必須。
EEZの管轄権を国家主権に転化している彼らは、これを機に、公海上の海底資源開発施設防護のために必要な措置をすすめるであろう。関係国の国力を見据えながら。

上記報道によると、"They fear Beijing may use it as “an excuse to operate their warships in this area”.とある。

関連資料 岡本 信行 「平成22年度深海底鉱物資源関連事業成果の概要と最近の国内外の動向」 『独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構』平成23年年6月29日


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月12日 (火)

人民解放軍海軍(PLAN)関連資料 "BEIJING'S SURGE FOR THE STRAIT OF MALACCA" 

往時の村の古老が、インターネットなるものを始めて数日後に読んだ資料。今読んでも面白い。FASのおかげ。
ヨセフ ボダンスキー氏の資料。↓
Yossef Bodansky, "BEIJING'S SURGE FOR THE STRAIT OF MALACCA," Freeman Center for Strategic Studies

インド国内の「鉄道事故」は、某対象国による訓練の可能性も指摘している。本当かどうかは知らない。
意外と読んでいる人が少ない様子。
「3万人」に属する方々でも。

同人のChechen Jihad: Al Qaeda's Training Ground and the Next Wave of Terrorは、酷評もされている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月10日 (日)

China-India rivalry in the Maldives

以前、マラオ島ってどこだ?ってのを紹介した。マラオ島なぞ存在しない、という内容の記事。
ただし、↓によると、マラオ島はマレ南側40キロに所在するらしい。

Sergei DeSilva-Ranasinghe, "China-India rivalry in the Maldives," Jakartapost, 17 Jun 2011, (Jun 20 2011)

上記資料によると、5月28-31日に呉邦国(Wu Bangguo)全人代常務委員長が訪問したが、その訪問が同国の重要性を表している。
上記資料より引用 "For instance, in 2005, Indian commentator, A.B. Mahapatra, asserted that: “China has engineered a manner of a coup by coaxing Maldives’ Abdul Gayoom government to let it establish a base in Marao”. "引用終わり。続いて引用。"In February 2001, a small delegation from Pakistan visited Maldives to boost cultural ties. “The Pakistanis put pressure on Male to facilitate Chinese plans for a naval base,” said
an official. “China used Pakistan to play the Islamic card with Maldives. But the Marao base is not expected to be operational until 2010.”"

あとは面倒なので細部は上記資料参照されたい。

マラオ島について、緒方林太郎衆議院議員が面白い記事書いてた。ブログ名読めねぇよ。
仏NGO「ACTED」のタジクにおける活動事例なんてのも興味深い。
残念ながら**党だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 3日 (木)

First ever photo of INS Arihant?

インド海軍原潜アリハント(Arihant)の写真。初公開? 
Arihant718188

Shiv Aroor, Livefist, FIRST PHOTO EVER: Arihant, India's Nuclear Ballistic Missile Sub In All Her Glory! より


UPA Government REPORT TO THE PEOPLE 2009-2010からの画像らしい。

いつものように"INS Arihant (ATV) News and Discussion -2"を参照した。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 7日 (日)

アグニ3の発射実験は成功 "FOURTH TEST FLIGHT OF LONG RANGE MISSILE AGNI-3 SUCCESSFUL"

"FOURTH TEST FLIGHT OF LONG RANGE MISSILE AGNI-3 SUCCESSFUL," Ministry of Defence, February 07, 2010.

上記資料によると、アグニ3(ペイロード1.5t)の4回目の発射実験が、DRDOによって成功裡に実施された。

注目点
本実験は、インド陸軍による導入前実験(the pre-induction trial)の一部。インド陸軍がDRDOの技術者の指導によって一連の発射実験を実行。
本ミサイルの射程は3,500kmとされるが、今回の実験では"The AGNI-3 Missile tested for the full range[.]"(上記資料より引用。)とのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月17日 (日)

パキスタン、漢級SSNを購入へ (Nuclear deal on Han) 20年前の話

"A nuclear -powered attack submarine is to be sold by China to the Pakistani navy if discussions, already well under way, come fruition.""A nuclear -powered attack submarine is to be sold by China to the Pakistani navy if discussions, already well under way, come fruition."
インド軍の原潜リース・原潜建造、航空母艦建造・購入に伴う処置。


あ・ごめんなさい、これは20年前の記事でした。↓より引用。
Tai Ming Cheung, "Nuclear deal on Han," Far Eastern Economic Review, 6 Sep 1990, pp.20-21.

どころで、K.R. Singh, Navies of South Asia, (New Deli: Rupa, 2002), p.201, n33.では、Cheung, Tai Ming Cheung, "Nuclear Deal on Han, " Far Eastern Economic Review, April 6,1990, pp.21-1.とあるが、FEER記事は4月ではなくて9月です。本当に往生した。

司書の皆様にはお手数をおかけしました。恐縮至極です。
おかげさまで疑問氷解、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月12日 (火)

インド海軍の航空母艦(IAC)、原子力潜水艦(SSN)関連事象

西暦2010年の注目点の一つ。(全て予定)
ロシアのアクラ級原潜Nerpa(Chakura)が10年間貸与される。
航空母艦(Vikrant)の進水が年末に予定されている。
フィンカティエリ(Fincantieri)が建造中の給油艦も来るとのこと。
以下資料↓より。

Manu Pubby, "Navy tests new waters with N-subs, indigenous carrier," indianexpress, 2 Jan 2010, (2 Jan 2010)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月11日 (水)

インド海軍のミゼット潜水艦(SSm)の取得動向関連

表記に関する報道。以下参照。

"Indian Navy to procure five midget submarines," PTI, 1 Nov 2009, (10 Nov 2009)

上記報道によると、インド海軍が特殊部隊潜入用にミゼット潜水艦の購入を企図している。当初5隻購入、後に10隻購入の可能性。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 3日 (金)

インドの原子力潜水艦(ATV)、今月下旬に進水???

進水日は↓によると26日(第3次印パ戦争に勝利した日であるVijay Diwas)か?

http://twitter.com/livefist/statuses/2453162205 より引用。
"The ATV is likely to be launched on July 26 (Vijay Diwas)."
上記サイトの信頼性は不明。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧