2016年11月18日 (金)

The Quranic Concept of War の著者、S.K.Malik准将関連

S.K.Malik准将は↓の資料によると、後に陸軍少将に昇任。

以下、上記記事より引用。太字は著者による。
It was General Zia who ushered in a new era of Islamisation, bigotry and blasphemy laws targeting minorities, and nurtured radical, armed Islamic groups bent on waging jihad across the world. Officers recruited in his era are three-star Generals today, and the army is largely motivated by the ideology of the “Quranic Concept of War” articulated by his protégé Brigadier (later Major General) S.K. Malik.

Describing anyone who stands in the way of jihad as an “aggressor”, Malik held that “the aggressor is always met and destroyed in his own country”. Malik also had a unique view of the concept of “terror”.

He averred: “Terror struck into the heart of the enemy is not only a means. It is an end in itself. Once a condition of terror into the opponent's heart is obtained, hardly anything is left to be achieved. Terror is not a means of imposing a decision upon the enemy, it is the decision we wish to impose on him. It is a point where the means and end merge.”

This is precisely what was sought to be “imposed” on the ill-fated people killed in the Victoria Terminus in Mumbai on 26/11.

引用終わり。
ISI関係者なのかどうか気になるが、俺の能力では調べられない。公知の事実として、どこかの資料に掲載されているかもしれないが。
知らないのは俺だけかもしれない。
この商売の怖いところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月22日 (木)

「複合事態」関連。インド人の知見を借用したい。Are We Ready for a Two-front War ?

Bharat-Rakshakより。

Are We Ready for a Two-front War ?

RQは、"Gist: there are many realistic scenarios which can see India engaged in a two way fight with china and pak. are we prepared for such an eventuality ? or is the fear itself unfounded ?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月10日 (水)

人民解放軍工兵部隊、インド国境から25kmのパキスタン領内で訓練中

下記記事によると、人民解放軍工兵部隊(101 Engineering regiment)が先週からパキスタン軍部隊と、旅団規模の演習に参加中。
Vimal Bhatia, "," Times of India, 10 Aug 2011.
訓練地域はラジャスタンのJaisalmer-Bikanerであり、国境から25kmあまりの場所とのこと。
なお、部隊規模について、同記事では the PLA's engineering battalion とも書いてるがな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月26日 (月)

7.62mm小銃、アフガニスタンで人気再燃?

G3ですか。マニアじゃないので細部形式不明。
こんな小銃好き。勝手に部品外れそうにないし。

画像はここら辺で拾いました。

99626968


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年1月17日 (日)

パキスタン、漢級SSNを購入へ (Nuclear deal on Han) 20年前の話

"A nuclear -powered attack submarine is to be sold by China to the Pakistani navy if discussions, already well under way, come fruition.""A nuclear -powered attack submarine is to be sold by China to the Pakistani navy if discussions, already well under way, come fruition."
インド軍の原潜リース・原潜建造、航空母艦建造・購入に伴う処置。


あ・ごめんなさい、これは20年前の記事でした。↓より引用。
Tai Ming Cheung, "Nuclear deal on Han," Far Eastern Economic Review, 6 Sep 1990, pp.20-21.

どころで、K.R. Singh, Navies of South Asia, (New Deli: Rupa, 2002), p.201, n33.では、Cheung, Tai Ming Cheung, "Nuclear Deal on Han, " Far Eastern Economic Review, April 6,1990, pp.21-1.とあるが、FEER記事は4月ではなくて9月です。本当に往生した。

司書の皆様にはお手数をおかけしました。恐縮至極です。
おかげさまで疑問氷解、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月27日 (金)

バングラデシュ陸軍主力戦車(MBT)、人民解放軍主力戦車(ZTZ98/99)関連

"BDR mutiny over as tanks roll in,"The Daily Star , 27 Feb 2009,  <http://www.thedailystar.net/newDesign/news-details.php?nid=77643> (27 Feb 2009)関連。同国軍装備のMBT形式は周知のことであるが、興味深いのは、ゴム履帯の向き。列国軍では例を見ない?。小生の疑問が 間違っていたら無慈悲な鉄槌希望。
,http://www.thedailystar.net/photo/2009/02/27/2009-02-27__front01.jpg>  (27 Feb 2009)
20090227__front01

中国でも、グローサーの向きが逆の例があり、興味深い。

Sinodefence.comより。
"ZTZ98/99 History,"<http://www.sinodefence.com/army/tank/type99-history.asp>掲載画像↓Type99history_01

"ZTZ99 Main Battle Tank,"<http://www.sinodefence.com/army/tank/type99.asp>
掲載画像↓
Type99_01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月19日 (火)

チベット解放に関する一考察

表記について、↓は業務の参考に資すると思料。
"War inside Tibet - goals, strategies and equipment," Bharat Rakshak , <http://forums.bharat-rakshak.com/viewtopic.php?f=3&t=4067> (19 Aug 2008)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 8日 (火)

パキスタン軍新型小銃PK-8関連資料

標記に関する資料。
<http://m.yollayap.com/b11/1017407998.jpg>より。

ただし、本画像がPK-8 assault rifleであるかは不明。POFには掲載されていないらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月22日 (日)

タリバン関連資料

パキスタン陸軍、米陸軍将校による資料より掲載。

パシュトゥーの系統図
Photo

Major Shahid Afsar, Pakistan Army; Major Chris Samples, U.S. Army; and Major Thomas Wood, U.S. Army, "The Taliban: An Organizational Analysis," Military Rreview, May-June 2008, p.63, <http://usacac.army.mil/CAC/milreview/English/MayJun08/SamplesEngMayJun08.pdf> (22 Jun 2008)

タリバン組織図
Photo_2


Ibid, p.65.

アフガニスタンに行く人は↓を熟読・玩味しよう。要員としての矜持を持て。Major Shahid Afsar, Pakistan Army; Major Chris Samples, U.S. Army; and Major Thomas Wood, U.S. Army, "The Taliban: An Organizational Analysis," Military Rreview, May-June 2008, pp.58-72, <http://usacac.army.mil/CAC/milreview/English/MayJun08/SamplesEngMayJun08.pdf> (22 Jun 2008)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月22日 (木)

パキスタン、間もなく新型弾道ミサイル「ハトフIX」の発射実験実施か

下記報道によると、パキスタンは新型弾道ミサイルHatf-IX (Shaheen-V)を間もなく発射する。         
     "According to reliable sources, Pakistan has decided to test fire Hatf-IX or Shaheen-V missile, a state-of-the-art missile, as part of its policy to make the country's defense impregnable and maintain a minimum credible deterrence in conventional and nonconventional weapons. Shaheen-V is fully capable of carrying all sorts of warheads up to 3,500 km. Also, it can be test fired at any time within 72 hours, depending on the requirements, the weather, and the situation. Source: Khabrain, Islamabad by Khabrain, Islamabad © BBC, BBC Monitoring "   (強調筆者)

'Pakistan to test fire missile within 72 hours, epicos.com,   2008-05-20, <http://72.14.235.104/search?q=cache:zKjRGbGMOBIJ:www2.epicos.com/epicos/portal/media-type/html/user/anon/page/default.psml%3Bjsessionid%3D31C0B160C5D3390C524D343619AC025E.tomcat4%3Faction%3Dportlets.ArticleAction%26service%3DNews%26sparams%3Dhide:1,%2520datefrom:2007/11/20,%2520dateto:2008/05/20%26eventSubmit_doSeemore%3D+%22Pakistan+to+test+fire+missile+within+72+hours%22&hl=ja&ct=clnk&cd=5&gl=jp> (22 May 2008)
より引用。

なおPakDef Forums によると、一次資料Khabrainの軍事関連記事の信頼性は極めて低いらしい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧