2016年8月16日 (火)

オーストリア=ハンガリー帝国のエースJulius Arigi 備忘録

WWI での階級はOffizierstellvertreter。准尉なの?訳語自信なし。

32 confirmed victory。
1918年、ウィーンでカール皇帝から、「ウィーンで地上配置(desk job)に就くならば、任官させる」との申し出を辞退。
皇帝から「何を望むか」の問いに「 Send me the best and newest fighter aircraft we have」 と返答。
素晴らしい。素晴らしい。
それに応えたのが同国。これも素晴らしい。
実際に最新の器材を送っている。
要望通り、Avitatik DIの新しい機種、(シリアルは 338.01と 338.02)がIgalo(基地)に送られた。
彼は、WW2 中、Schwechat所在の戦闘機パイロット学校の中隊長であったが、教え子の中にWalter Nowotony,Hans-Joachim Marseille あり。
1977年10月6日、本人が著者であるDr Martin O'Connorに語ったところによると、彼の戦法は「[M]ajor principle was to get as close as possible to the enemy and then down him with the minimum number of shots.」とのこと。彼の教え子の慣用戦法も同じ。
Dr Martin O'Connor, Air Aces of the Austro-Hungarian Empire 1914-1918 (Chaplin Fighter Museum, 1986), pp.22-23.
同人の階級だが、教官時の階級は大尉らしい。
たまたま読んだ 服部 省吾 『撃墜王ヴァルテル・ノヴォトニー』 (潮書房光人社、2012)、頁失念、による。
寝る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月15日 (月)

日本に滞在していたオーストリア=ハンガリー帝国のエース Benno Fiala中尉

Benno Fiala予備中尉。訳語自信ないが。(Oberleutnant in der Reserve)

33 victories, 28 of them confirmed。
同人は1925年に Hugo Junkersの助手となり、1928-1929に訪日。
三菱で、日本初の全金属製航空機製造に従事。
以下の資料に依拠。
Dr Martin O'Connor, Air Aces of the Austro-Hungarian Empire 1914-1918 (Chaplin Fighter Museum, 1986), p.27.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月19日 (木)

ソマリランド、エリトリアからⅢ号突撃砲を購入?

信じられないが、本当か?

Dalmar yare氏による、2月2日付の"Somalia: Somaliland imports heavy weapons used by the Nazi in the World War II"という記事。
先月24日、スーダン船籍のMV Shakirがベルベラ港に寄港し、Ⅲ号突撃砲を含む武器を降したという記事。信頼できる複数の情報源によると、武器はエリトリアから購入されたもの。
こんな写真も掲載されている。
Nazi
しかしこの写真って、Replica WW2 German Tanks and Armoured Cars の中の写真と一緒じゃないの?
このサイトに掲載されている写真はこんな写真
A
つまり、上記報道の写真は、別サイトからの盗用。
無論、記事自体への反証もある。以下はOrganization of Eritrean Americans (OEA) による2月7日付の記事。
危ない危ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月31日 (水)

米軍特殊部隊、ドイツ軍の制服を着用して北朝鮮軍を攻撃

米軍特殊部隊はナチスドイツの軍装(含武器)を着装して北朝鮮軍を攻撃した。これは陸戦法規に違反しており、議論を呼びそうだ。(と朝日新聞風に述べてみる。)

朝鮮戦争当時、米陸軍のJay D.Vanderpool中佐はUNPFKの倉庫に保管していたナチスドイツの装備品を発見し、ある着想に至った。"Why not equip a raiding party in German SS uniforms and weapons, send them into North Korea and blow the communist’s minds?" 中略 "There are SS uniforms and weapons coming out our ass in Seoul. I’m going to have two Mustang Raider teams equipped as German SS troopers, complete with Schmeissers." 
襲撃部隊は海州近傍で北朝鮮軍を攻撃し、
12名の捕虜を獲得したとのこと。Ed Evanhoe, Dark Moon: Eighth Army Special operation in the Korean War, (Naval Institute Press: 1995),pp.168-169.より引用。

なお本逸話が収録された第15章"The Lighter Side"について筆者は以下の如くのべる。"These stories were compiled from accounts of the people involved. Because these accounts differ widely and there is no reliable way to check the facts, the author makes no claims as to the accuracy of these sorties, only that such an event took place and generally happened as described."
Ibid., p.188, n1.より引用。

信じられないが、本当だ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月30日 (日)

ユーゴスラビア内戦でティーガーが使用されたという噂

第22 SAS連隊 に所属していたTom Carewは91年にクロアチアに派遣されたが、その際に噂を聞いたと自著で述べている。

Tom Carew, Jihad!  (London: Mainstream Publishing, 2000),p.279.より引用。
"[T]heir weapons were anything they could lay their hands on, including stuff taken out of military museums (I never saw it myself, but I was told that somewhere in Croatia, a Second World War German Tiger tank was being used!)."(強調筆者)

T-34/85は使用されていた。T-34/85改造ティーガーも映画に登場したが・・・なお朝鮮戦争では、米軍特殊部隊がドイツ軍の装備を使用して襲撃した記録がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月12日 (月)

パキスタン、新型突撃銃「PK-8」の試験実施

以下の報道、Andrew White, "Pakistan tests assault rifle," Jane's Defence Weekly, 7 Mar  2007, p.31. によると、パキスタン国防省はこのほど、Pakistan Ordnance Factory(POF)より、新型突撃銃「PK-8」を調達した。同省は、同国の小銃をNATO軍と同様の5.56ミリに換装することを考慮している。
報道によると、試験は-40-+50℃の環境下で実施された。新型小銃による口径変更は、Special Service Group(SSG)より開始される。本記事では、 "Currently, certain units within the Pakistan armed forces already use 5.56 mm systems."とある。

その一部が海軍特殊任務部隊SSG(N)で、5.56ミリ突撃銃Steyr AUGを装備していた。(写真参照)
Sailors20ssg
Source: PNS IQBAL, Pakistan Navy, <http://www.paknavy.gov.pk/IMAGES/iqbal/Sailors%20SSG.jpg> (12 Mar 2007)

陸軍のSSGも同銃を装備している。

POF関連:H&KはMP-5の生産を今後中止する予定であるが、その場合、MP-5を生産しているPOFの価値は高まろう。
参考資料 スティーヴ・ライト(Steve Wright)、ジャヤラット好子訳「小火器はいかにして紛争地域に流れ込むか」『ル・モンド ディプロマティーク』2001年1月号。<http://www.diplo.jp/articles01/0101-3.html>  (2007年3月12日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月28日 (金)

Nazi Germany's only aircraft, the Graf Zeppelin found

ドイツの航空母艦「グラーフ・ツェッペリン (Graf Zeppelin)」が、ポーランド沖で発見された模様。

VANESSA GERA, "Lost Nazi ship likely found off Poland," Associated Press, Jul 27 2006,<http://news.yahoo.com/s/ap/20060727/ap_on_re_eu/poland_graf_zeppelin;_ylt=ApRtao7AW7

kXrwF89FUtKs8UewgF;_ylu=X3oDMTA3b3JuZGZhBHNlYwM3MjE->  (28 Jul 2006)  

以下、↑より引用。

The Polish oil company Petrobaltic discovered the shipwreck earlier this month on the sea floor about 38 miles north of the northern port city of Gdansk.

"We are 99 percent sure — even 99.9 percent — that these details point unambiguously

to the Graf Zeppelin," said Dariusz Beczek, the Navy commander of the vessel, the ORP Arctowski, said soon after returning to port Thursday morning after the two-day expedition.

"Technically it's impossible to pull it out of the water," Zajda said.

引用終わり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)