2017年8月28日 (月)

イスラエルの突撃銃「ガリル(Galil)」が初めて?戦闘に供されたと思われる事例の一つ

標記について、古い資料であるが覚書として記録。俺用メモ。

1996年に、IDFの特殊部隊Sayeret Matkalが参加したエンテベでの作戦に関して言及していた部分。同地に至る約20分前の機内での様子に関して述べていたことの一部。
以下は同部隊で伝説的人物である人物Muki Betser氏の自伝に依拠。
Muki Betser with Robert Rosenberg, Secret Soldier: The True Life Story of Israel's Greatest Commando (New York: The Atlantic Monthly Press, 1996), p.258.より引用。
引用開始
"We all carried lightweight gear: mostly Kalasinikov AK-47s and some Galils, Israel Military Industries assault rifles still in experimental form at that time. Those carrying special equipment , whether silence pistols or megaphones, double-checked their equipment one last time. " (太字は筆者)
引用終了。
この本では、ガリルに関して初めて記載されているのがここが初めてなんだな。
それ以前にも使用されていたかもしれないが。
また読み直すかな。
まっ、もういいや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月24日 (水)

在ネパールイスラエル大使館、イラン人を拘束か "Iranian using fake Israeli passport nabbed in Nepal"

"Security personnel from Israel’s embassy in Kathmandu have arrested an Iranian who was engaged in surveillance of the embassy in Nepal’s capital city."
引用終わり。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月11日 (日)

「秘密保全、下に言うより上でやれ」 

心あるイスラエル国民ならば、こう思うであろう。

イスラエルの核兵器開発計画をソ連協力者に漏洩したのは、同国の偉い人であるとの資料がある。
1966年2月23日付の旧ソ連機密(Top Secret)文書にあったらしい。以下、参考資料より引用。

On 13 December 1965, one of the leaders of the Israel Communist Party, Comrade Sneh, informed the soviet Ambassador in Tel Aviv about his conversation(9 December 1965)with the adviser to the prime minister of Israel, Gabriel, in which the later declared Israel’s intention to produce its own atomic bombs.

引用終わり。文中の”adviser to the prime minister” とは、かのIsser Harel (イサー・ハレル)氏とのことらしい。
Isabella Ginor and Gideon Remez, Foxbats over Dimona: The Soviet's Nuclear Gamble in the Six-Day War (New Haven: Yale University Press, 2007), pp.36-37.

結論
「秘密保全、下に言うより上でやれ」 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月23日 (火)

イラン軍の装備する小火器について なぜかUZIを使用

イランは、不倶戴天の敵であるイスラエルのSMG、UZIを装備している。パキスタン軍関連サイトのフォーラム↓に画像多数。

pakistandefence, <http://www.defence.pk/forums/military-photos-multimedia/21502-iranian-special-forces.html>

↑から、海軍特殊部隊画像資料

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 2日 (月)

ATMによる被弾部位の景況(メルカバⅡ主力戦車)

"pictures of penetrated merkava during the lebanon war," Tanknet.org,   <http://208.84.116.223/forums/index.php?showtopic=27537>  (2 Mar 2009)
より。

↑によると、第847機甲旅団所属。2006年8月9日被弾、乗員全員死亡。
Merkavapenetration_2




<http://www.dejawolf.com/steelbeasts/merkavapenetration.jpg>, dejawolf.com, http://www.dejawolf.com/index.html (2 Mar 2009)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 1日 (日)

動物を利用した観測・監視器材について(通知)

表記について、以下の通り通知する。業務の参考にされたい。

「イラン治安部隊、核関連施設付近で「スパイ」のハトを捕獲」『AFP20081021日、 <http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2530651/3450759> (20081026日)より抜粋。

20081020日付のエテマドメリ(Etemad Melli)紙は、スパイ」とみられるハト2羽を捕獲したことを報道。特徴は、金属製の輪と透明な糸(some metal rings and invisible strings)[1]が付けられていたこと。もう1羽の特徴は、「青いコーティングがされた金属製の輪と透明の糸」(a blue-coated metal ring, with invisible strings,)[2]

参考資料の一例。 マルタン・モスティエ著、吉田 春美、 花輪 照子翻訳『図説 動物兵士全書』(東京:原書房、1998年)、187-193頁。 

リスを利用した観測器材に関する報道事例

Dudi Cohen, “Iranians arrest 14 squirrels for spying,” ynet, 13 Jul 2007, <http://www.ynet.co.il/english/articles/0,7340,L-3425130,00.html>  (26 Oct 2008)

より引用。

Iranian police commander Esmaeil Ahmadi-Moqadam confirmed the report, saying that a number of squirrels had been caught bearing foreign spy gear within

Iran

's borders.

"I heard of this but I have no specific knowledge on the subject," he said. He refused to give further details.

上記報道をうけて、NPRでは元CIA職員でイラン担当の経歴を有するロバート・ベアー(Robert Baer)氏の他に、James BamfordNorth American Tree Squirrels (共著)の著者であるJohn Koprowski 氏らに取材。面白いのは”RODINT”なる用語。rodent + intelligence

Robert Baer氏は、上記の可能性について、一笑に付す。John Koprowski氏は、可能性を排除していない。

“Can Squirrels Spy for People? Iran Thinks So, All Things Considered,” National Public Radio, July 20, 2007, <

http://www.npr.org/templates/story/story.php?storyId=12131243> (26 Oct 2008)

上記の他にもう一人いた。メモどっかいった。↓で聞けるが、今日は聞けなかった。去年10月には聞けたが・・

<http://www.npr.org/templates/player/mediaPlayer.html?action=1&t=1&islist=false&id=12131243&m=12131246> (26 Oct 2008)

accoustic kittyに関する話もしていても面白い。


[1] 

Iran

busts 'spy pigeons' near nuclear site,” AFP, 20 Oct 2008,

http://afp.google.com/article/ALeqM5jTEw64Ffr8aSSFUlDA_RAEI8D6DA (26 Oct 2008)

[2] Ibid.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月16日 (水)

イラン・イスラエル軍事協力関連の一例

昔の話

イスラエルは、イランのSSM開発を支援していた。同国は、イランのSirjanの近くでミサイル製造施設を建設、ミサイル発射試験施設をRafsanjan近くに建設。。一方イランは、イスラエルの既存のミサイルの射程を200マイルに延伸する(この部分は6月23日修正。2倍じゃなくて200マイルね。大嘘書くなよ。御免なさい。)ことにに合意。Trita Parsi, Treacherous Alliance:The secret Dealings of Israel, Iran, and the U.S. (2007, Yale University Press),p.75.

イランは1980年9月30日、オシラク攻撃に失敗したが、イスラエルに資料を提供。緊急時にTabrizに着陸することを許可。ibid,p.107.

以下、6月23日追加。同上資料p.75.より引用。
""You must have ground-to-ground missiles," Israeli Defense Minister Ezer Weizman told Toufanian. "A country like yours, with F-14s, with so many F-4s, with the problems surrounding you, [must have] a good missile force.""

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 3日 (月)

イラン、キロ級潜水艦の地中海展開を企図か 

イランの潜水艦配備構想に関する報道
下記報道によると、イランはミゼット潜水艦(原文ではmini-subs)をペルシャ湾に、キロ級潜水艦を地中海に配備するごとく準備中。
イラン国防相Mostafa Najiar は11月27日、新たに建造された国産潜水艦が28日に海軍に引き渡されると述べた。同月25日には海軍司令官(navy chief)Habibollah Sayyari 大将が、潜水艦はホルムズ海峡で運用されると発言。イラン国防省Gen. Reza Naghdiは11月12日、イランが攻撃されたなら[I]ts navy – and its submarine fleet in particular – could come close enough to “reach an Israeli coastal target” from the sea."と述べている。“Iran Extends Submarine Range to Hit Tel Aviv and US Mediterranean Targets,” DEBKA-Net-Weekly, 27 Nov 2007,http://www.debka.com/article.php?aid=1317 (1 Dec 2007) より引用。

イランのGhadirはこんな感じ。<http://www.debka.com/photos/1317.jpg>

1317

なおdebka.comの信頼に関して以下の報道もある。ARON HELLER,  “Terror Threat Web Site Called Unreliable.” AP, 12 Aug 2007,  <http://abcnews.go.com/International/wireStory?id=3471600>
(15 Aug 2007)

ただし小生は、同サイトの信頼性が低いと言う意図は全くない。

Ghadirに関する関連資料:。「イランのミゼット潜水艦 Ghadir, Nahang関連資料」<http://seipankoji.cocolog-nifty.com/blog/2007/02/ghadir_nahang_5c6d.html> 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月18日 (日)

インド空軍とイスラエル空軍の交差訓練関連

以下は、下記資料の要約。AJAY FOR, " IAF and IDFAF to exchange pilots." IDR, 18 Oct 2007, <http://www.idrw.org/2007/10/18/iaf_and_idfaf_to_exchange_pilots.html> (18 Nov 2007)

上記資料によると、インド空軍とイスラエル空軍は、交差訓練を実施することに合意。

イスラエル空軍操縦士は、インド空軍のAdampur基地に配備されているMiG-29B Baazを操縦する。
インド空軍操縦士は、イスラエル空軍の Hatzor基地に配備されているF-16C/D を操縦する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月12日 (火)

イスラエル軍、ラマ(llama)を運用中

イスラエル軍はレバノン侵攻に際し、ラマを広範囲に使用した。ラマを軍用に使用した軍隊は非常に少ない。筆者の知る限りでは、初事例。

ラマの利点、静粛無比。

関連報道

http://today.reuters.co.uk/news/articlenews.aspx?type=oddlyEnoughNews&storyID=2006-07-31T132819Z_01_L31646171_RTRIDST_0_OUKOE-UK-MIDEAST-LLAMAS.XML  (5 Aug 2006)
Llamas help Israeli troops bear Lebanon offensive
Mon Jul 31, 2006 2:28 PM BST
Email This Article | Print This Article | RSS [-] Text [+]
JERUSALEM (Reuters)

http://www.maannews.net/en/index.php?opr=ShowDetails&ID=13890 (5 Aug 2006)
Israelis begin to use the llama as beasts of burden in war on Lebanon
Date: 30 / 07 / 2006  Time:  18:02   

http://yirmumah.net/israeli-war-llamas/ (5 Aug 2006)
Israeli War Llamas!
Monday, July 31st, 2006
“Llamas help Israeli troops bear Lebanon offensive”

Israel, Lebanon: Llamas, Power Stations and Big Moves, Stratfor, 4 Aug 2006, <https://www.stratfor.com/products/premium/read_article.php?id=271617> (5 Aug 2006)が挙げるリャマの利点。"llamas, an especially quiet beast of burden that can go several days without eating while carrying about as much weight as one Israeli soldier can carry"

| | コメント (0) | トラックバック (0)