2013年7月18日 (木)

Uボートの製パン能力関連

XIV型関連資料。
広田厚司『Uボート入門』(光人社:2003年)、274頁より引用。
"これらの「乳牛」の装備の中で興味を引くのはパン製造機で、一○時間シフト勤務で八一キロの黒パンを焼くことができた。この装置により新鮮なパンを受領したUボートの乗員に大いに喜ばれたという。"
引用終わり。
本当は広田氏の参考文献をあたるべきだが、大儀なので省略しました。
アンドロポフ同志は「世界平和はソ連邦の無敵の軍事力によってのみ保たれる」と語った。
ソ連邦には無敵の製パン車があった。細部面倒くさいから省略。どこかのマニアが調べてくれるだろう。
それはそうとして、農林水産省によると、"1斤は340グラム以上 "なのだ。
某学校では「**キロはなんきんですか?」と質問する馬鹿がいるから困るらしい。
上記農林水産省サイトから引用します。
これで解決「なんきん事件」
"食パンの一斤の定義はどのように決められているのですか。
回答
パンは16世紀の中頃にポルトガルから長崎に伝来し、鎖国時代に一時は衰退しましたが、幕末には兵糧(軍用)パンとして復活したと伝えられています。食パンという名称は明治初期頃に東京で山形のパンが販売された際、主食用のパンということで付けられたようです。当時は、食パンの焼き型はアメリカやイギリスから輸入しており、これで作った食パンが一般的に流通しました。この食パンの重さは約1ポンド(英斤:約450グラム)で、尺貫法の1斤(約600グラム)の重量とは異なるものです。現在の食パンの重量の定義については、1斤という数え方が一般的なこともあり、包装食パンの表示に関する公正競争規約により、1斤は340グラム以上とされています。半斤、1.5斤と表示する場合も、1斤(340グラム)の重量から換算することになっています。
参考資料
(社)全国公正取引協議会連合会ホームページ公表資料「包装食パンの表示に関する公正競争規約施行規則」、(株)食品科学広報センターホームページ公表資料「パンの明治百年史」パンの明治百年史刊行会
回答日 平成20年7月"
太線筆者。
給養をなめんなよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月26日 (水)

信じられないが、本当か? Red Star Rogue: The Untold Story of a Soviet Submarine's Nuclear Strike Attempt on the U.S 

うんこしてたら便所紙収納場所にあったので、読み返してみた。以下、引用。

信頼性、正確性不明。
Kenneth Sewell, Red Star Rogue: The Untold Story of a Soviet Submarine's Nuclear Strike Attempt on the U.S (Pocket Star:2006) より。
"Another incident, which at first seemed unrelated to the K-139 lost further complicated the developing life-and-death drama unfolding in the North Pacific. A Japanese spy, operating undercover near a U.S. Navy facility on Honshu Island, observed a damaged American submarine put into port on March 17."
強調筆者による。引用終わり。117頁より。
同じく、146頁より引用。
"A rogue submarine from the Soviet Union attempted an attack against the United States on March '< 1968. "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月27日 (土)

人民解放軍の水中銃 「QBS06式5.8mm水下自动步枪」等

とりあえず、以下の資料参照。
769834061305646588
20110320180447358
でも同様の画像あり。
水中銃はともかく、興味深いのは、潜水艦からの潜入訓練をしている(と思われる)画像
ロシアも南朝鮮も北韓もミゼット潜水艦を保有して(したいた)が、なぜPLANが保有していないのかが気になっていた。
1251440783_29168

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月11日 (金)

Subs in the Caspian Sea ? カスピ海に潜水艦?

イランがGhadir級潜水艦(潜水艇・ミゼット潜水艦・SSm)をカスピ海に配備するぞ云々の、昨年夏の報道関連

2004年時点で、これを予期していた人がいた。以下参照。
以下、Bahman Aghai Diba, 'Militarization of the Caspian Sea,' 4 Apr.2004. (2004年5月上旬くらいにアクセスした)より引用。
"The Russian publication has pointed to several important issues in the field of the Caspian Sea militarization from Iranian point of view:
 
"Anzali is the largest port of Iran in the Caspian Sea, but other ports like Now Shahr, Bandar-e Torkaman and Babolsar can be used for military strategic goals in the future. Their arrangement and creation of reliable military infrastructure will not require much time.  According to available information, the Iranian navy plans to organize an operational-tactical squadron in the Caspian Sea to be able to conduct combat operations in certain areas of the sea if necessary.  According to the project, the squadron will include several divisions (or brigades) and separate units of waterborne and underwater ships, as well as support forces (naval aviation and marines).""
(強調筆者)
 
引用終わり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月10日 (木)

アゼルバイジャン海軍特殊部隊関連 Azerbaijani Naval Special Unit

アゼルバイジャン海軍特殊部隊(641st Special Warfare Naval Unit) は、水中銃APSを装備。APSの水中での最大射程は30m。米国は、同部隊の訓練も実施。

上記は、以下の資料に依拠。
Jeremy Binnie, "Iran Threatens to deploy subs to the Caspian Sea, "Jane's Defence Weekly," 15 Aug, 2012, pp.24-25.
以下、私見
APSがソ連崩壊後に管理替されたものか、市場から購入したものかは不明。
後者だとすると、厄介。
(LTTEの)シータイガーは、旧ソビエト/ロシア軍の特殊部隊が使用していたであろう(もしかして現用か?)経海潜入器材であるDA-71すら装備していた。
Russian military diving equipment, <http://russub.ru/timb12t56/Rebreathers.htm>を閲覧できなくなって残念。いつぞのように、復活してくれないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月11日 (土)

海洋掘削リグ関連

海洋掘削リグに関する素朴な疑問
日本海洋掘削株式会社「株主通信」2012年3月期決算号9頁より抜粋。

1 リグの勤務要員
"当社リグには、常時100前後が乗船"

2 リグ要員の勤務方法
"海洋掘削の場合は、4方2交代制といって、4組のうち常時2組が乗船してそれぞれの組が12時間の作業をカバーし、残りの2組は本国で休養する勤務方式が業界スタンダードになっております。当社を含めて、4週間連続勤務、4週間連続休暇のサイクルが一般的ですが、業界の一部にはそれより短いサイクルを採用している例も見受けられます。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月10日 (水)

クリントン訪印とインド、太平洋関連

クリントン国務長官が7月に訪印した件の関連記事。
注目点は、太平洋に関しても言及しているところ。インドの規定する「繁栄の弧」(2004年10月のビエンチャンサミットでシン首相が言及)は太平洋に及び、当該地域への関与も謳っているが、パートナーシップの主体たる米国もそれを認めたということか。

SANDEEP DIKSHIT, "Hillary's leadership call to India not aimed at Pakistan," The Hindu, 9 Aug 2011.

上記の中で、太平洋に言及した箇所は以下のとおり。上より引用。

1 "The United States Secretary of State, Hillary Clinton's, call during her July visit for India to take up the leadership role in the Asia Pacific region set off a furore in Pakistan. But government sources here say Ms. Clinton's discussions here had nothing to do with Pakistan."

2 ""In the long term, Washington is aspiring for a closer maritime partnership with the Indian Navy in the South China Sea, the Straits of Malacca and finally the Pacific Ocean.""

3 "“There is no better place to discuss India's leadership in the region to its east than here in Chennai....India straddling the waters from the Indian to the Pacific Ocean is, with us, a steward of these waterways."

4 "In all of these areas, India's leadership will help to shape positively the future of the Asia Pacific,” she had observed."

Prakash Nandaによると、インドにとってのアジア・太平洋地域は、インドからオーストラリア・ニュージーランド、日本・中国にいたる地域。まぁ当然ですな。
Prakash Nanda, REDISCOVERING ASIA : Evolution of India's Look East Policy, Lancer , 2003, p.13

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月31日 (日)

PLAN set to operate in Indian Ocean ?

インド誌サイトより。
Amitav Ranjan, "China set to mine central Indian Ocean, Delhi worried," India Express, 31 Jul 2011.

彼らの慣用手法として、「海洋権益」保護のために人民解放軍海軍(PLAN)の行動が伴うことは必須。
EEZの管轄権を国家主権に転化している彼らは、これを機に、公海上の海底資源開発施設防護のために必要な措置をすすめるであろう。関係国の国力を見据えながら。

上記報道によると、"They fear Beijing may use it as “an excuse to operate their warships in this area”.とある。

関連資料 岡本 信行 「平成22年度深海底鉱物資源関連事業成果の概要と最近の国内外の動向」 『独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構』平成23年年6月29日


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月16日 (土)

人民解放軍海軍の艦載航空戦力関連 東アジア関連 NWCR記事

"Overall, it is likely that China views the primary role of its carriers as regional in nature—defending China’s maritime claims in East Asia."
とある。下記↓資料より。

Daniel J. Kostecka, "PLA Doctrine and the Employment of Sea-Based Airpower," NWCR, Summer 2011, p.16.Cocolog_oekaki_2011_07_16_21_40


Cocolog_oekaki_2011_07_16_21_40_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月12日 (火)

人民解放軍海軍(PLAN)関連資料 "BEIJING'S SURGE FOR THE STRAIT OF MALACCA" 

往時の村の古老が、インターネットなるものを始めて数日後に読んだ資料。今読んでも面白い。FASのおかげ。
ヨセフ ボダンスキー氏の資料。↓
Yossef Bodansky, "BEIJING'S SURGE FOR THE STRAIT OF MALACCA," Freeman Center for Strategic Studies

インド国内の「鉄道事故」は、某対象国による訓練の可能性も指摘している。本当かどうかは知らない。
意外と読んでいる人が少ない様子。
「3万人」に属する方々でも。

同人のChechen Jihad: Al Qaeda's Training Ground and the Next Wave of Terrorは、酷評もされている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧