2016年11月18日 (金)

The Quranic Concept of War の著者、S.K.Malik准将関連

S.K.Malik准将は↓の資料によると、後に陸軍少将に昇任。

以下、上記記事より引用。太字は著者による。
It was General Zia who ushered in a new era of Islamisation, bigotry and blasphemy laws targeting minorities, and nurtured radical, armed Islamic groups bent on waging jihad across the world. Officers recruited in his era are three-star Generals today, and the army is largely motivated by the ideology of the “Quranic Concept of War” articulated by his protégé Brigadier (later Major General) S.K. Malik.

Describing anyone who stands in the way of jihad as an “aggressor”, Malik held that “the aggressor is always met and destroyed in his own country”. Malik also had a unique view of the concept of “terror”.

He averred: “Terror struck into the heart of the enemy is not only a means. It is an end in itself. Once a condition of terror into the opponent's heart is obtained, hardly anything is left to be achieved. Terror is not a means of imposing a decision upon the enemy, it is the decision we wish to impose on him. It is a point where the means and end merge.”

This is precisely what was sought to be “imposed” on the ill-fated people killed in the Victoria Terminus in Mumbai on 26/11.

引用終わり。
ISI関係者なのかどうか気になるが、俺の能力では調べられない。公知の事実として、どこかの資料に掲載されているかもしれないが。
知らないのは俺だけかもしれない。
この商売の怖いところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月14日 (月)

「アラビア半島のアルカイダ(AQAP:Al-Qaida in the Arabian Peninsula)」のInsipire 最新号発刊

アラビア半島のアルカイダ(AQAP:Al-Qaida in the Arabian Peninsula)機関紙であるInspire誌の最新号たる第16号がこのほど発刊された。

残念ながら、日本に関する言及なし。
「THE SUCCESSFUL PRESSURE COOKER BOMB」などもあります。
ここら辺で読めます。外国では読まないようにしましょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月10日 (日)

The Quranic Concept of War

The Quranic Concept of Warは、パキスタン軍のS.K.Malik准将が著したもの。
前書は、かのM.Zia-Ul-Haq将軍。
(西暦2012年8月6日、書名を斜字体に修正)

書評としては、JOSEPH C. MYERS, "The Quranic Concept of War,"Parameters, Winter 2006-2007, pp.118-121.がよろし。
英語読めないので読んでませんが。

今年発見したとは恥ずかしいので内緒。
Sebastian Gorka, "Inside Al-Qaeda," Armchair General, May 2012, PP.42-49.に掲載されている記事に記載されているらしい。

全文は、Wolf Pangloss Moral clarity in the Global Counterjihad and Each Local Counterjihad というサイト で読めます。
以前、どっかのサイトでDLしたけれども、場所を失念。
"The Quranic Concept of War and Terror,"Existential Space, Dec 15 2005, にもありますが、めんどくさいので読んでません。

じゃぁなんでパキスタン軍准将が書いてハク将軍が前文書いたかは知りません。
が、Seyyed Vali Reza Nasr, The Islamic Leviathan: Islam and the Making of State Power (Oxford Univ Pr, 2001).読むとよろし。インドネシアとパキスタンの事例で、高卒公務員でも理解可能。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 3日 (水)

アラビア半島のアルカイダ(Al Qaeda in the Arabian Peninsula:AQAP)組織図

criticalthreats.orgより拾った資料。このサイト素敵ね。

Frederick Kagan, Chris Harnisch, Katherine Zimmerman,Katherine Zimmerman, "Yemen: Fighting al Qaeda in a Failing State", criticalthreats, January 11, 2010.より引用。

Are


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月22日 (日)

タリバン関連資料

パキスタン陸軍、米陸軍将校による資料より掲載。

パシュトゥーの系統図
Photo

Major Shahid Afsar, Pakistan Army; Major Chris Samples, U.S. Army; and Major Thomas Wood, U.S. Army, "The Taliban: An Organizational Analysis," Military Rreview, May-June 2008, p.63, <http://usacac.army.mil/CAC/milreview/English/MayJun08/SamplesEngMayJun08.pdf> (22 Jun 2008)

タリバン組織図
Photo_2


Ibid, p.65.

アフガニスタンに行く人は↓を熟読・玩味しよう。要員としての矜持を持て。Major Shahid Afsar, Pakistan Army; Major Chris Samples, U.S. Army; and Major Thomas Wood, U.S. Army, "The Taliban: An Organizational Analysis," Military Rreview, May-June 2008, pp.58-72, <http://usacac.army.mil/CAC/milreview/English/MayJun08/SamplesEngMayJun08.pdf> (22 Jun 2008)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 5日 (木)

ダライ・ラマ法王、チベット亡命政府への脅威:暗殺者など。

怖い話。イスラム系武装組織、ダライ・ラマ法王の暗殺を企図か。

下記報道によると、アル・カイダal-Qa'idaと関連のあるとされるイスラム系武装組織であるラシュカレ・トイバ(Lashkar-e-Toiba)がダライ・ラマ法王を暗殺を企図しており、法王の身辺警護が強化された。インドの警察のスポークスマンであるSuperintendent Prem Lalが発言した。 Bruce Loudon,"Terror group's threat raises Dalai Lama alert," The Australian, 3 Apr 2007, <http://www.theaustralian.news.com.au/story/0,20867,21493416-2703,00.html> (4 Apr 2007)

なお、下記報道ではthe Deputy Inspector General of Himachal Pradesh Police, North Range, Dharamshala は、ダライ・ラマ法王に対する脅威に関する報道を否定している。"Himachal police rules out any security threat to Dalai Lama," ANI, 2 Apr 2007, <http://www.dailyindia.com/show/130337.php/Himachal-police-rules-out-any-security-threat-to-Dalai-Lama> 以下は、↑より引用。"Speaking to ANI this evening, DIG P.L. Thakur said, "We have read this news. We have geared up the security of the Dalai Lama as precautionary majors, but we have no confirmed definite inputs from security agencies". "

怖い話の続き。

チベット亡命政府に対しては、中国からの恒常的な脅威が存在する。その一部としては、ジル・ヴァン・グラスドルフが自著で示すところによると、中国が一部の過激派のチベット人をインドに意図的に「亡命」させ、チベット亡命政府を攻撃しているという事案がある。同国は、チベット仏教の中で特に過激な「ドルジェ・シュクデン」信奉者への援助を行っている。中国は同派の僧院を増やす政策をとっており、チベット以外に存在する同派の僧院にも経済援助をしている。「ドルジェ・シュクデン」信奉者の一部はインドに「亡命」し、97年2月5日「仏教論理大系学院」の院長でありダライ・ラマの顧問であるロプサン・ギャンツォを、ダラムサラで殺害している 。
ジル・ヴァン・グラスドルフ著、鈴木敏弘訳『ダライ・ラマ その知られざる真実』(河出書房新社:2004年)418-521頁。

さらに、中国が宗教を用いてインド国内での影響力を拡大しているとも指摘されている。STRATFORが以下のように報じていた。タイムズ・オブ・インディア紙が入手したインドの情報機関の報告書によると、「ラダックからアルナチャル・プラデシュに至るヒマラヤベルトでは、チベット仏教の影響は広く及んでいる。11を下らない数の僧院が、中国の庇護を受けていると見られるチベット僧を長としている」、としている 。 “Beijing Employs Religious Strategy in Himalayas,” Stratfor, 8 Mar 2001, <http://www.stratfor.com/products/premium/read_article.php?id=101450> (21 Mar 2001).

チベット国旗は、ダライ・ラマ法王日本代表部事務所HP<http://www.tibethouse.jp/home.html>より。

National_flag

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月15日 (金)

インド政府、オサマ・ビンラディンの排除を許可

インド政府はこのほど、オサマ・ビンラディンを排除するための「殺しのライセンス」を発行した。実行は2名のヒットマンにより遂行される予定。
Prabin Kalita, "Death warrant for 'Osama'," The Times of India, 15 Dec 2006,
<http://timesofindia.indiatimes.com/articleshow/815243.cms?headline=Death~warrant~for~'Osama'>(15 Dec 2006)

なお、オサマ・ビンラディンとは同国アッサム州で十数名を殺害した象の名称である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 4日 (水)

対テロ戦争と超能力

ビン君を捜せ!

オサマ・ビンラディンの動向を語ったAlexander Buzinov を思い出すのぉ、と当時を語る古老は語る。

"AUTHOR Lynne McTaggart, who has written a new book on the paranormal, believes the CIA is using psychics to track down Osama Bin Laden."とのこと。↓より引用。

"Is the CIA using psychics to find Osama Bin Laden?," icWales, Apr 3 2003, <http://icwales.icnetwork.co.uk/0100news/0200wales/page.cfm?objectid=12803156&method=full&siteid=50082> (4 Oct 2006)

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年6月25日 (日)

Afghan leader says Pakistan trains miltitants

タリバンの動向と、アフガニスタン当局の主張するパキスタンの関与等。

http://www.alertnet.org/thenews/newsdesk/ISL74388.htm  (25 Jun 2006)
Afghan leader says Pakistan trains miltitants
18 May 2006 14:15:24 GMT
Source: Reuters

KABUL, May 18 (Reuters)

http://www.isn.ethz.ch/news/sw/details.cfm?id=15944 (25 Jun 2006)

Afghanistan and Pakistan 'Taliban threat'
The ideological conflict between Afghanistan and Pakistan has left room for the Taliban.

By Tarique Niazi for The Jamestown Foundation (22/05/06)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月19日 (金)

「生物兵器」によるオサマ・ビンラディン対処

"Porn star’s offer to Bin Laden," Daily Times, 13 Apr 2006,<http://www.dailytimes.com.pk/default.asp?page=2006%5C04%5C13%5Cstory_13-4-2006_pg9_2 >(19 May 2006)

Italy’s most famous porn star Cicciolina has offered herself to Osama Bin Laden.

The 55-year-old actress said it was about time somebody tackled the terrorist and claimed she could be just

the woman for the job.

Speaking at an erotic fair in Bucharest, Romania, Cicciolina said: “It is time someone did something about

Bin Laden, and I am ready to do it. “I am ready to make a deal, he can have me in exchange for an end to

his tyranny. My breasts have only ever helped people while Bin Laden has killed thousands of innocent

victims.” The blonde porn star, whose real name is Anna Ilona Staller, pointed out that Bin Laden could

learn from Saddam Hussein’s mistakes. In the 1990s she offered herself to Saddam Hussein if he gave up

dictatorship of Iraq, and added that if he had taken up her offer “who knows what might have happened.” Ananova

| | コメント (0) | トラックバック (0)