2016年7月16日 (土)

すべては第7師団にかかっているぞ

すべては第7師団にかかっているぞ

たまたま漫画を読んだらこう書いていた。以下より引用。

小林源文『小林源文傑作集2 バトルオーバー北海道 後編』 (2014年)16頁。
あ、南スーダン?しらね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月26日 (水)

信じられないが、本当か? Red Star Rogue: The Untold Story of a Soviet Submarine's Nuclear Strike Attempt on the U.S 

うんこしてたら便所紙収納場所にあったので、読み返してみた。以下、引用。

信頼性、正確性不明。
Kenneth Sewell, Red Star Rogue: The Untold Story of a Soviet Submarine's Nuclear Strike Attempt on the U.S (Pocket Star:2006) より。
"Another incident, which at first seemed unrelated to the K-139 lost further complicated the developing life-and-death drama unfolding in the North Pacific. A Japanese spy, operating undercover near a U.S. Navy facility on Honshu Island, observed a damaged American submarine put into port on March 17."
強調筆者による。引用終わり。117頁より。
同じく、146頁より引用。
"A rogue submarine from the Soviet Union attempted an attack against the United States on March '< 1968. "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 5日 (日)

製パン車関連

製パン車の搭載母体であるZIL-137の不整地機動の様子2件。
Motodemontのサイトから拾ったもの。
ZIŁ 131 137 10x10 TEST W TERENIE

上記サイトに写真もあり。
Mateusz Wiadrowski氏 の投稿から。
Ził 131 (137) -przez rzekę


FM 100-2-3 The Soviet Army-Troops, Organization, and Equipment, 1991によると、
製パン隊の編成は定員45名、本部と2コ製パン班からなり、装備は以下のとおり。
Truck, ZIL-130/131/151/157      ×8
Trailer, Water                ×4
Truck. Van, Mobile Field Bakery   ×4
給養をなめんなよ。
上記記事は1305051913に公開。
171009、つべ表示不具合を修正。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月11日 (金)

Subs in the Caspian Sea ? カスピ海に潜水艦?

イランがGhadir級潜水艦(潜水艇・ミゼット潜水艦・SSm)をカスピ海に配備するぞ云々の、昨年夏の報道関連

2004年時点で、これを予期していた人がいた。以下参照。
以下、Bahman Aghai Diba, 'Militarization of the Caspian Sea,' 4 Apr.2004. (2004年5月上旬くらいにアクセスした)より引用。
"The Russian publication has pointed to several important issues in the field of the Caspian Sea militarization from Iranian point of view:
 
"Anzali is the largest port of Iran in the Caspian Sea, but other ports like Now Shahr, Bandar-e Torkaman and Babolsar can be used for military strategic goals in the future. Their arrangement and creation of reliable military infrastructure will not require much time.  According to available information, the Iranian navy plans to organize an operational-tactical squadron in the Caspian Sea to be able to conduct combat operations in certain areas of the sea if necessary.  According to the project, the squadron will include several divisions (or brigades) and separate units of waterborne and underwater ships, as well as support forces (naval aviation and marines).""
(強調筆者)
 
引用終わり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月10日 (木)

アゼルバイジャン海軍特殊部隊関連 Azerbaijani Naval Special Unit

アゼルバイジャン海軍特殊部隊(641st Special Warfare Naval Unit) は、水中銃APSを装備。APSの水中での最大射程は30m。米国は、同部隊の訓練も実施。

上記は、以下の資料に依拠。
Jeremy Binnie, "Iran Threatens to deploy subs to the Caspian Sea, "Jane's Defence Weekly," 15 Aug, 2012, pp.24-25.
以下、私見
APSがソ連崩壊後に管理替されたものか、市場から購入したものかは不明。
後者だとすると、厄介。
(LTTEの)シータイガーは、旧ソビエト/ロシア軍の特殊部隊が使用していたであろう(もしかして現用か?)経海潜入器材であるDA-71すら装備していた。
Russian military diving equipment, <http://russub.ru/timb12t56/Rebreathers.htm>を閲覧できなくなって残念。いつぞのように、復活してくれないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月21日 (土)

2006年1月にロシアで発見された「あやしい岩」関連 "Russian 'spy rock' was genuine, former chief of staff admits"

Nick CollinsとDuncan Gardhamの両氏による、19日付の英テレグラフ紙報道

以下、上記報道より引用。

"Tony Blair's former Chief of Staff has admitted that the "embarrassing" episode was entirely true and not merely far-fetched Russian propaganda.
Jonathan Powell accepted that Britain did indeed plant a "spy rock" despite attempts by the then-prime minister to dismiss the story and denials of improper conduct by the Foreign Office."

"In this way, they claimed, the Russian informant could wirelessly store information in the rock where it was retrievable by the British agents in a 21st-century version of what is known as a 'dead-letter drop'."

引用終わり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月26日 (土)

極東ロシア軍関連 ミストラル級、T-80MBT

第18砲兵機関銃師団は、既にT-80主力戦車を保有。下記資料による。

Pavel Felgenhauer, "Russian Military Build-up in the Pacific May Not be Aimed at Japan," Eurasia Daily Monitor Volume: 8 Issue: 34February 17, 2011

上記資料中のT-80MBTに関する記述部分。
"According to Army-General (retired) Yuri Yakubov, the former commander of the Far East Military District, the garrison of the South Kurile Islands already has relatively modern T-80 tanks, but it needs new light armored vehicles and additional helicopters (Interfax, February 15).

同資料中のミストラル級取得に関連。
"It seems the deployment of the Mistrals in the Pacific Fleet is not against Japan, but that the US in preparation for conflict could “leap-frog” the fortified South Kuriles into the undefended and uninhabited central Kuriles to invade the Sea of Okhotsk. To defend the Sea of Okhotsk as a safe haven for nuclear strategic submarines, the Russian military is deploying capabilities to reinforce the entire island chain."

なお、公刊資料によると、T-90が最初に部隊装備されたのは極東軍管区の部隊。村の古老は、JDW誌で読んだと主張してる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月27日 (月)

製パン車

「世界平和はソ連邦の無敵の軍事力によってのみ保たれる。」 ユーリー・アンドロポフ
その地上軍のMRD/TKDを支えた製パン車(mobile bakery/field bakery)の画像。

ここより採取。
"ЗАВОД им.И.А.ЛИХАЧЕВА /ОАО "ЗИЛ"/ автопоезд ЗИЛ-137-137Б"
本資料では、搭載母体(Zil-137-137b)の過剰性能が印象的。贅沢すぎる!駆動性能。

Zil137137b


製パン車の売却広告?
これで憧れの「製パン隊長」になれる。

5503

上記サイトによると、状態は良好とのこと。
購入希望者はこちらへ↓とのこと。
(342) 298-22-24, 293-91-81

今日見つけたのは、VALKAというサイト。このフォーラムから。
そこにUPされていた画像。

Achb60091_206

給養をなめんなよ。
米国人の元チェチェン兵士Aukai Collinsも、同人のアフガニスタン滞在時の給養事情が(アメリカ人にとって)支障になったことをMy Jihad: One American's Journey Through the World of Usama Bin Laden- as a covert Operative for the American Government(New York: Pocket Star Book, 2002)で書いてるべ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月27日 (月)

T-95MBT開発中止とT-90MBT改良

Christopher F Foss, "Russian Army abandons development of T-95 MBT," Jane's Defence Weekly,15 Sep 2010, p.12.より。

Uralvagonzavod(ウラル自動車工場って言うの?) はT-90に対し以下の改良を行う。
・125mmSBG 2A82の搭載
・溶接砲塔
(既にあるのと違うやつ?)
・砲塔バスルに搭載された自動装填装置
・一体型弾薬→発射速度増大→L/D比増大による貫通能力増大
・パッシブ装甲能力強化
・新型アプリケ装甲(new applique system of plate)

弾薬改良により、乗員と弾薬の分離が実現。これに関し、15年程前にこんな記事があった。
Major James M. Warford, "Cold War Armor After Chechnya: An Assessment of the Russian T-80," Armor, November-December 1995, p.20.より引用する。

"In fact, the necessity of separating the new 120-mm semi-combustible ammunition from the crew and the fighting compartment may have been the key factor in the final design of the U.S. M1/M1A1 Abrams MBT."

チェチェン紛争でT-80の弾薬誘爆に関して、当時のchief of the Russian Federation Defense Ministry Main Motor Vehicle and Armor Directorateは以下の如く発言。上記資料より引用。

"According to Colonel-General Galkin, this problem was brought to light during combat operations and it will be solved very soon."

確かに、T-95の設計ではその欠点は解決されたようだが、本記事以降生産されているT-90は同様の脆弱性を抱えていた。基本的にT-72BMだし。やっと解決するのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 6日 (木)

軍人生活の要諦

以下は、某教官がベレンコ中尉に述べた小噺。


ソ連軍で成功するには、犬に学ばなければいけない。すなわち、吠えるべきときとところ、なめるべき時とところを知らなければいけないのだ。

二人の幼馴染が士官学校卒業後二十年ぶりに再会した。一人は大尉、一人は将軍に出世していた。
「オレは大尉止まりなのに、お前はどうして将軍になれたんだい?」
「それはだな」将軍はそう言って、石を拾って耳に押し当ててから大尉に渡した。「この石がたてる音を聞いてみろよ」
大尉は石を耳に押し当てたててから、ぽいと投げ捨てた。「いや、何も聞こえないぜ」
「それそれ。そうだからお前はいまだに大尉どまりなんだよ。将軍が石が音をたててると言ってるのに、お前は将軍の言うことを聞かない」


ジョン・バロン著、高橋正訳、『ミグ-25 ソ連脱出 ベレンコは、なぜ祖国を見捨てたか』(東京:パシフィカ、1980)、99~100頁より引用。
原著は John Barron, MIG PILOT:The Final Escape of Lieutenant Belenko (New York: Reader's Digest Press, McGraw-Hill Book Company, 1980)

著者は元情報マン。亡命者に対する面接(尋問)要領の記述は極めて興味深い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧