2013年5月 8日 (水)

朝鮮人民軍核兵器関連

CRSの資料
この辺↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 7日 (日)

アグニ3の発射実験は成功 "FOURTH TEST FLIGHT OF LONG RANGE MISSILE AGNI-3 SUCCESSFUL"

"FOURTH TEST FLIGHT OF LONG RANGE MISSILE AGNI-3 SUCCESSFUL," Ministry of Defence, February 07, 2010.

上記資料によると、アグニ3(ペイロード1.5t)の4回目の発射実験が、DRDOによって成功裡に実施された。

注目点
本実験は、インド陸軍による導入前実験(the pre-induction trial)の一部。インド陸軍がDRDOの技術者の指導によって一連の発射実験を実行。
本ミサイルの射程は3,500kmとされるが、今回の実験では"The AGNI-3 Missile tested for the full range[.]"(上記資料より引用。)とのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 4日 (土)

パキスタンの核兵器開発時期について

パキスタンの核兵器開発に至る動機は、一般的に、インドの74年の核実験であるとされている模様であるが、それよりも早いとする資料がある。以下資料↓参照。
Paul K. Kerr and Mary Beth Nikitin, Pakistan's Nuclear Weapons: Proliferation and Security Issues, Congressional Research Service, p.2, (3 Jun 2009)より引用。

"Pakistan’s nuclear energy program dates back to the 1950s, but it was the loss of East Pakistan
(now Bangladesh) in a bloody war with India that probably triggered a political decision in
January 1972 (just one month later) to begin a secret nuclear weapons program."

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月24日 (水)

中国に対する米核抑止力は無効 米専門家の見解。

表記に関する資料は、恥ずかしながら、昨年の大田氏の著書で掌握。遅ればせながら秒速入手、一月でようやく読了するも、うんこ部屋に埋没。

結論:米国の対中抑止は無効。
当たり前だろう。↓は、本当のこと言いすぎだべ。

Arthur Waldom氏は、Richard D. Fisher Jr氏の最新著China's Military Modernization: Building for Regional and Global Reachの序文で、以下の如く言及。

""I find it inconceivable, for example, that Washington would go into a major war, let alone a nuclear war to defend Japan against China.""

"[E]ven though the Unied States is no longer capable of ensureing the security of those states.""(those statesとは日台韓)
引用終わり。

Richard D. Fisher Jr, China's Military Modernization: Building for Regional and Global Reach (Praeger, 2008),p.xiii.

あと、月の軍事利用に関しても言及してるがな。

[I]t is likely to use its Moon or Mars presence for military missions.]"
"[I]ti is probable that China will develop the means to claim and defend Moon territory[.]"

"[Basing lasers on the Moon could help overcome the challenges of atmospheric distorition faced by earthbound laser when attacking sattelites."
ibid, pp.208-209.

特段驚かない事項↑。ただし、一番こわいのは、本書の内容を全く知らない人(偉くて頭のいい人ばかり)が多いこと。(偉くて頭いいから読む必要ないのね、失礼。)あーあぁ。

勝海舟は帰朝し、斯くの如く報告したそうです。「米国はわが国とはあべこべである。例えば・・・」以下自粛。旧ソ連の逸話を思い出すわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 7日 (水)

インド、アグニⅢミサイルの発射実験実施

標記事象については、各種公刊資料により明らかなので略。注目点。本ミサイルの潜水艦発射型が開発中であること。発言者不詳。"A miniaturised submarine-launched version of the Agni-III called Agni-III SL is also being developed and could be test-fired shortly." "Agni-III test-fired successfully," PTI, May 7 2008,<
http://www.hinduonnet.com/thehindu/holnus/000200805071441.htm> (7 May 2008)

インドの潜水艦発射誘導弾はSLCMであるとの資料が多かった。例えば、以下の記事等。

SLCM「サガリカ」は、射程距離がが300kmではなく1,000kmを意図しており、さらには2,500kmへ延伸させることを目標としている。ペイロードは500-1,000kg、CEP25m。 Vivek Raguvanshi, “Salvaging the Sagarika,”Defense News, 21 Feb 2005, p.14.

一方、テリスは、自著でサガリカがSLBMであると主張していた。Ashley J. Tellis, India’s Emerging Nuclear Posture: Between Recessed Deter-  rent and Ready Arsenal, (Santa Monica: Rand, 2001), pp.575-576.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月16日 (水)

イラン・イスラエル軍事協力関連の一例

昔の話

イスラエルは、イランのSSM開発を支援していた。同国は、イランのSirjanの近くでミサイル製造施設を建設、ミサイル発射試験施設をRafsanjan近くに建設。。一方イランは、イスラエルの既存のミサイルの射程を200マイルに延伸する(この部分は6月23日修正。2倍じゃなくて200マイルね。大嘘書くなよ。御免なさい。)ことにに合意。Trita Parsi, Treacherous Alliance:The secret Dealings of Israel, Iran, and the U.S. (2007, Yale University Press),p.75.

イランは1980年9月30日、オシラク攻撃に失敗したが、イスラエルに資料を提供。緊急時にTabrizに着陸することを許可。ibid,p.107.

以下、6月23日追加。同上資料p.75.より引用。
""You must have ground-to-ground missiles," Israeli Defense Minister Ezer Weizman told Toufanian. "A country like yours, with F-14s, with so many F-4s, with the problems surrounding you, [must have] a good missile force.""

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 5日 (土)

アラブ諸国、イランの核に対する抑止力を模索 イスラエルの抑止力も考慮か

'Arabs to seek ‘umbrella’ if

Iran

builds bomb,' Dawn, 13 Feb 2008, <http://www.dawn.com/2008/02/13/top18.htm> (15 Feb 2008)より抜粋。

" Gulf states believe Israel will destroy Iran’s nuclear programme rather than allow it to acquire an atomic bomb, an adviser to the Kuwaiti government and Gulf Cooperation Council (GCC) said on Tuesday.
If

Iran

did build the bomb, said adviser Sami Alfaraj, then

Israel

might be one of the
countries along with the

US

and

Pakistan

, Gulf Arab nations would ask to provide a “nuclear

umbrella to guarantee their security"(強調筆者)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 8日 (日)

インド、潜水艦発射巡航ミサイル開発を加速

インドはこのほど、射程1,000kmの潜水艦発射巡航ミサイル「サガリカ(Sagarika)」ミサイルの開発・発射に成功し、潜水艦による核の投射能力を有することを宣言した。↓が報じた。
Vishal Thapar, “India gets sub-marine missile power,” CNN-IBN, 7 Jul 2007, <http://www.ibnlive.com/news/india-gets-submarinebased-nuclear-missile/44268-3.html> (7 Jul 2007)
上記の報道によると、サガリカはこれまで3回発射実験がなされており、原子力潜水艦(Advanced Technology Vessel:ATV)に搭載される。ATVは来年進水する予定。
7月7日に、サガリカ開発の担当者らを祝う式典において明らかにされた。

なお、サガリカは、以下の報道ではSLBMとされている。
"DRDO chief confirms submarine ballistic missile ready," The Indian Express, 7 Jul 2007,  <http://www.indianexpress.com/story/204164.html> (8 JUl 2007)
本報道では、DRDOのM Natarajan 氏は7日“special purpose missile”が発射されたと述べている。国防省筋はこのミサイル(Sagarika or PJ 02 project)について、The two-stage missile, with a range of over 800 km, has been successfully tested thrice.のSLBMであると語っている。 また本報道ではATVに関して、The submarine is scheduled for sea trials next year. としている。

以下の報道では、同国はブラモス(Brahmos)も潜水艦から発射する計画。"Brahmos Airspace to design submarine-launched missiles," Itar-Tass, 29 Jun 2007,<http://www.itar-tass.com/eng/level2.html?NewsID=11673445&PageNum=0>(1 Jul 2007)以下は、同報道の要約。インドはブラモスミサイルを、キロ(Kilo)級潜水艦から発射する計画。共同ベンチャーのCEOである Sivathanu Pillai博士は、インド側の専門家がロシアのルービン設計局との話し合いを行っていることを述べた。インドがロシアからAmur-1650を購入するならば、同潜水艦は8基の垂直発射管を装備することが可能。

関連報道
Josy Joseph, "Navy wants Brahmos in submarines," dnaincia.com, 21 Jun 2007,  <http://www.dnaindia.com/report.asp?NewsID=1104880> (29 Jun 2007)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 5日 (火)

英SLBMトライデントが必要な理由

JAMES KIRKUP, "Trident vital because of Putin nuclear threat, hints Downing St, The Scotsman, 5 Jun 2007, <http://news.scotsman.com/uk.cfm?id=876072007> (5 Jun 2007)
上記報道によると、以下の理由により英国はSLBMを保有する必要がある。
"Russia a contributing factor in government case for Trident
Putin ups rhetoric over US plan to deploy missiles in eastern Europe
Warning threatens to cast shadow over G8 summit beginning tommorrow "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 6日 (金)

インド、アグニ3ミサイルを来週発射予定

各種報道によると、インドは来週アグニ3を発射する予定。

"Agni-III flight test soon," The Hindu, 5 Apr 2007,  <http://www.hindu.com/2007/04/05/stories/2007040501721300.htm> (5 Apr 2007)より引用。
"The crucial flight trial of Agni-III, the nuclear capable long-range missile (beyond 3000 km), is expected to take place early next week, according to defence sources."

"The indigenously-built Agni-III, capable of carrying warheads weighing up to 1.5 tonnes, is 16 metres tall and weighs 48 tonnes."

一方カラム大統領は「長距離ミサイルシステム」や原子力潜水艦の必要性を主張している。 "India needs long-range missile systems with proper warheads," IRNA, 22 Feb 2007,<http://www2.irna.com/en/news/view/line-16/0702223951164532.htm> (6 Apr 2007) , IRNA より引用。
"India needs 'long-range missile systems in less than ten years with proper warheads taking into account possible conflict zones', Indian President Dr. A P J Abdul Kalam said. Besides these missiles, India would also need hypersonic cruise missile on long range, nuclear submarines and pilotless supersonic aircraft as also multi-role stealth fighters, Kalam said here Wednesday while addressing the delegates attending the Defense Research and Development Organization (DRDO) 31st Directors' Conference in New Delhi.
"We also need advanced inter-services integrated electronic radiation hardened warfare system and high-end Cryptography", PTI reported here quoting the text of the President's speech. "

"During the day-long conference, chief controllers of the country's major weapons system projects gave a resume of their projects including in development of long-range missiles, efforts to develop missile defense system, development of cruise missiles and nuclear submarine project." (強調筆者)

| | コメント (0) | トラックバック (1)